column

お役立ちコラム

区切り

サジェスト非表示対策とは?仕組み/やり方/ペナルティまで完全解説!

サジェスト非表示対策とは?仕組み/やり方/ペナルティまで完全解説!

「自社に対してネガティブなサジェストが表示されて困っている」
「サジェスト汚染の対策方法や効果を知りたい」

自社やブランドに対するネガティブなキーワードが表示されると、多くの人に悪い印象を与える可能性があります。こうしたネガティブな評判を見た人々が、事実と異なる情報を信じてしまうことも少なくありません。

どうにかしてネガティブなサジェストを非表示にしたい、削除したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ネガティブなサジェストを完全に削除するのは難しい場合があります。

しかし、適切な対策を行えば、ネガティブなサジェストを目立たなくし、ポジティブな情報を表示させることが可能です。

本記事では、サジェスト対策の基本や手法、さらに効果的なアプローチについて詳しく解説します。サジェスト対策を理解し、正しい方法で取り組むことで、自社の評判を守る手助けとなるでしょう。

本記事を読むとわかること
  • サジェスト対策の基本的な概念とその重要性がわかる
  • サジェスト汚染の原因と影響について理解できる
  • サジェスト対策の必要性とそのメリットがわかる
  • Google、Yahoo!、Bingのネガティブサジェストを非表示にする方法がわかる
  • サジェスト非表示対策の料金相場がわかる
アクシアWEBマーケティングラボ

最後まで読むことによって、サジェスト非表示対策の最初から最後まで理解することができます

サジェスト対策したいけど、その前に詳しく知りたい方は最後まで読んでくださいね。

注意
サジェスト対策にはさまざまなケースが存在します。
本記事でご紹介するサジェスト対策は、全てのケースに該当するわけではないことをご了承ください。

無料相談受付中

コンテンツ目次

サジェスト対策とは

サジェスト対策とは

サジェスト対策について、以下の2つの項目から解説します。

サジェスト対策

・基本的な理解を深める
主要な対象プラットフォーム:GoogleとYahooのサジェスト

アクシアWEBマーケティングラボ

まずはサジェスト対策とは、そもそもどのような対策なのか、何を行うのかを理解していなければいけません。

基本的な理解から重要性や、GoogleとYahooのサジェストについて解説していきます。

基本的な理解を深める

サジェスト対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを入力したときに表示される検索候補=サジェストを対策することです。これにより、特定のキーワードを表示させたり、非表示にさせたりすることができます。

例えば、「日本料理」というキーワードを検索したときに、検索候補のキーワードとして自分が経営するレストランの名前が表示されると、多くの人に知ってもらうことができ、結果的に集客効果に繋がるでしょう。

サジェスト対策を行うことで、サジェストキーワードにネガティブキーワードが表示される「サジェスト汚染」の状態を防ぐことが可能です。

サジェストに表示されるキーワードは、多くのユーザーが検索したクエリや検索回数によって決定されます。そのため、ネガティブな情報がインターネット上に増えると、サジェスト汚染が発生します。

サジェスト汚染が起こると

ネガティブな情報が含まれるコンテンツにアクセスしやすくなり、悪循環が生じます。
早めに対策を行うことで、さらなるユーザーへの悪影響を防ぐことができるでしょう。

このように、サジェスト対策は企業にとって重要なマーケティング手法の一つにもなっています。キーワードをうまく活用することで、企業のサービスや商品をより多くの人に知ってもらうことができます。

一方で、企業にとってマイナスイメージを与えるようなキーワードを表示されないようにすることも重要です。

例えば、会社の名前と一緒に「ブラック」や「パワハラ」といったネガティブキーワードが表示されると、その会社の評判に悪影響を与える可能性があります。

ですから、企業のブランドイメージや売上、採用活動においてサジェスト対策は、とても重要な要素の一つになっているのです。

主要な対象プラットフォーム:GoogleとYahooのサジェスト

サジェスト対策で、特に主要なプラットフォームであるGoogleとYahooのサジェストの機能を解説します。以下で、それぞれの特徴や表示方法の違いなどもご説明します。

Yahooのサジェスト機能では、キーワードが10個抽出され、検索数が多い順に並びます。これは、どのデバイスで検索しても基本的に同じ内容が表示されることを意味します。

ただし、Yahooにログインしている場合は、ユーザーの検索履歴などに基づいてパーソナライズ化されることがあります。

つまり、ログイン状態では個々のユーザーに合わせた表示がされることがありますが、基本的にはどの環境でも同じサジェストが見られるため、一貫性があります。

一方、Googleのサジェストは非常に複雑です。検索する場所や使用する端末によって表示内容が異なり、さらにパーソナライズ化もされやすい特徴があります。

これは、ユーザーがどこで検索しているか、どのデバイスを使っているか、過去にどのような検索をしているかによってサジェスト内容が変わることを意味します。

特に単一のキーワードを検索する際に、Googleのサジェストはばらつきが出やすく、複合ワードではPCとスマホで同じサジェストが表示されやすいものの、一貫性には欠けるでしょう。

これにより、サジェスト対策を行う際には、より多くの変数を考慮しなければなりません。

サジェスト汚染と呼ばれることもある

サジェスト汚染と呼ばれることもある

ネガティブワードを多く検索されてしまうことは「サジェスト汚染」とも呼ばれます。

サジェスト汚染

・サジェスト汚染の原因と影響
・サジェストのネガティブ表示はなぜ問題とされるのか
・サジェスト汚染対策の効果的な方法と戦略

以上の3つの項目から、わかりやすく解説します。

サジェスト汚染の原因と影響

サジェスト汚染の原因は主に2つあります。

1つ目は、ユーザーが対象ワードと一緒にネガティブなワードを頻繁に検索することです。

例えば、「〇〇(店名) まずい」というように多くのユーザーが検索すると、ネガティブなキーワードが表示されやすくなります。

これは、GoogleやYahooの検索エンジンが、そのキーワードに対するニーズがあると判断するからです。

2つ目は、対象キーワードとネガティブなワードに関連するWebサイトが存在することです。ネガティブな情報を含むサイトが増えると、サジェストキーワードにもその影響が反映されます。

ネガティブワードが多く検索される根本的な要因には、メディアや口コミなどで悪い噂が広まり、それについて解説するWebサイトが現れることが挙げられます。

アクシアWEBマーケティングラボ

これらのキーワードを検索するユーザーが増えると、その記事のアクセス数が伸びます。そして、GoogleやYahooはこれらのキーワードに強い関連性があると判断し、サジェストキーワードとして表示するようになる仕組みです。

サジェストのネガティブ表示はなぜ問題とされるのか

サジェストのネガティブ表示は、企業や店舗にとって非常に深刻な問題です。まず、ネガティブなサジェスト表示が放置されると、収益やブランドイメージが悪化します。

例えば、検索した際に「〇〇 やばい」「〇〇 不潔」といったサジェストが表示されると、そのお店やサービスを利用しようと考えていたユーザーは、利用を控える可能性が高くなるでしょう。

次に、ネガティブなサジェスト表示は採用活動にも悪影響を与えます。「企業名 ブラック」といったサジェストが表示されると、求職者はその企業への就職を躊躇するでしょう。

さらに、サジェスト汚染によって失墜したイメージの回復には、多大な時間とコストが必要です。信用を回復するには長期間にわたる努力が必要であり、その間に収益の悪化が続く可能性があります。

サジェスト汚染は早期発見、早期対策が重要です。しかし、サジェスト汚染を解決するには専門的な知識が必要なため、自社内で対処するのは難しいことが多いです。このため、専門家の助けを借りて迅速に対応することが求められます。

アクシアカンパニーのサジェスト非表示対策

弊社、アクシアカンパニーでは
Google、Yahoo!、Bingの主要プラットフォームに対応しながら、成果達成率99%!

キーワードにもよりますが早くて、1週間程度で対策可能です。
ネガティブなキーワードを対策したい企業様・個人様、ぜひご相談ください。

サジェスト汚染対策の効果的な方法と戦略

サジェスト汚染を防ぐための効果的な方法と戦略は主に4つあります。

サジェスト汚染対策の効果的な方法と戦略

・GoogleやYahoo!への削除申請
・サイト運営会社にネガティブコンテンツの削除を依頼する
・弁護士に依頼する
・サジェスト非表示対策を行う

GoogleやYahoo!への削除申請は、Googleの場合、削除申請は専用のフォームから行います。フォームに必要事項を記入し、不適切と考えるキーワードやスクリーンショットを添付して申請しましょう。

一方、Yahoo!でも同様に専用フォームから削除申請が可能です。ただし、削除の可否はGoogleやYahoo!が判断するため、確実に削除される保証はありません。

      Google削除申請フォーム       Yahoo!削除申請フォーム

次に、サイト運営者にネガティブコンテンツの削除を依頼する方法があります。

サジェスト汚染の原因となっている記事などを見つけた場合、その運営会社に連絡して削除を依頼しましょう。運営会社が応じてくれれば、対象コンテンツを削除してもらえる可能性があります。

注意事項
サイト運営者に削除依頼をする場合、対応によってはトラブルになり、更にネガティブコンテンツを追加されたりする可能性もあります。問い合わせた後の対応については、細心の注意を払いましょう。
※弊社としては、あまり推奨しておりません。

3つ目の対策として、弁護士に依頼する方法があります。運営会社や投稿者が削除に応じない場合や、被害が甚大な場合には、弁護士に依頼することが有効です。

ただし、弁護士に依頼する場合は時間と費用がかかることを覚悟しなければなりません。

対象コンテンツの削除が難しい場合、専門業者に依頼してサジェスト非表示対策を行いましょう。サジェスト非表示対策とは、検索エンジンのサジェスト機能に表示される不適切なキーワードを非表示にするための対策を指し、サジェスト汚染の抑制につなげられます。

サジェスト対策の必要性

サジェスト対策の必要性

サジェスト対策の必要性を以下の3つの項目から解説します。

サジェスト対策の必要性

・ブランドイメージの保護
・不適切な情報の拡散防止
・アクセス向上とSEOの強化

アクシアWEBマーケティングラボ

上記、3つの観点からサジェスト対策の必要性を紐解いていきます。
具体的な例も挙げつつ解説していきます。

ブランドイメージの保護

サジェスト対策は、企業のブランドイメージを保護するために非常に重要です。サジェスト汚染の原因は、一般的にユーザーの検索履歴や関連キーワードによって決まります。

例えば、ある企業名を検索した際に「偽造品」や「詐欺」といったネガティブなワードが一緒に表示されると、その企業の信頼性は大きく損なわれます。

このようなネガティブなキーワードがサジェストに表示されることで、企業のブランドイメージが悪化し、ユーザーがその企業を信頼しなくなる可能性が高まります。

サジェスト汚染が放置されると、ブランドイメージの損傷が深刻なデメリットとなります。インターネット上でのブランドの印象は、顧客の購買意欲やロイヤリティに直接影響を与えるため、非常に重要です。

また、ネガティブなサジェストが表示され続けると、新規顧客の獲得が難しくなるだけでなく、既存顧客の信頼も失うリスクがあります。

企業は、日頃からポジティブな情報発信を心がけ、ネガティブなキーワードがサジェストに表示されないようにする努力が求められます。

不適切な情報の拡散防止

サジェスト対策の必要性は、不適切な情報の拡散を防ぐためにも非常に重要です。サジェスト汚染とは、検索エンジンのサジェスト機能にネガティブなキーワードが表示される状態を指します。

例えば、ある飲食店に対して「〇〇 やばい」といったネガティブなワードで大量に検索したり、SNSに繰り返し投稿したりすることで、検索エンジンが「〇〇 やばい」というキーワードの需要があると錯覚することになります。

すると、サジェストに「〇〇 やばい」というネガティブワードが出現し、多くのユーザーの目に映る事になります。

意図せずにこのような事態が引き起こされることも珍しくありません。

例えば、あるお店を訪れた際に店員の対応が悪かったという経験をした人が、そのネガティブな感情をSNSに投稿することがあります。

それを見た他のユーザーがその内容を信じ、その一方的な情報が拡散してしまうのです。こうなると、「〇〇 対応悪い」や「〇〇 最悪」といったサジェストワードが出現しやすくなります。

アクシアWEBマーケティングラボ

リスクを防ぐためには、サジェスト対策を行い、不適切な情報が拡散しないようにすることが重要です。具体的には、SEO対策やポジティブな情報発信を強化し、ネガティブなキーワードがサジェストに表示されないようにする努力が求められます。

アクセス向上とSEOの強化

サジェスト対策の必要性は、アクセス向上とSEOの強化に密接に関連しています。

サジェストに表示される単語は、GoogleやYahoo!を問わず、ユーザーが自分で検索したキーワードに関連するものです。

これにより、サジェストに表示されたキーワードはクリックされやすい傾向にあります。このため、サジェストに表示されたキーワードからのアクセスが増加することが期待できます。

例えば、ホームページに関連づけたサジェストが表示されると、それだけアクセス数がアップします。

アクセス数を増やしたい時には、この仕組みを効果的に利用することで、大きな販促効果を得ることができるでしょう。

SEO対策を強化することも重要です。
例えば、健康食品を販売している企業が「健康食品 効果」や「健康食品 おすすめ」といったポジティブなキーワードでサジェストに表示されると、

多くのユーザーがそのキーワードをクリックしてサイトに訪れます。このようにして、アクセス数を増やすことができるのです。

さらに、アクセス数の増加は検索エンジンに対してそのサイトが人気であることを示し、結果として検索順位がさらに上がることにもつながります。この循環が続くことで、サイト全体のSEOパフォーマンスが向上し、長期的なトラフィックの増加が見込めるでしょう。

そもそもサジェストとは?意味や基本的な定義

そもそもサジェストとは?意味や基本的な定義

そもそもサジェストとはなんなのでしょうか?意味や基本的な定義を解説します。

サジェストが表示される仕組み

GoogleやYahoo!のサジェスト機能は、ユーザーが検索バーに入力した言葉に関連して、よく検索されるキーワードを自動的に表示する仕組みです。

これらのサジェストキーワードは、実際に多くのユーザーが検索した内容をもとに生成されています。

例えば、「引っ越し」と入力すると、「引っ越し 見積もり」や「引っ越し 安い」など、引っ越しに関連する頻繁に検索されるキーワードがサジェストされるのです。これらのキーワードは、引っ越しを計画している人がよく調べる内容です。

サジェストは、特定の地域や言語によっても異なります。

例えば、札幌で「cafe」と検索すると、「カフェ 札幌」や「カフェブルー 札幌」といった札幌に関連するカフェがサジェストされます。

これは、Googleの位置情報を利用したアルゴリズムによるもので、ユーザーにとって最も関連性の高い情報を提供するためです。

さらに、サジェストには自分自身の検索履歴も影響します。
例えば、以前に「カフェ 渋谷」を検索していた場合、再度「カフェ」と入力すると「カフェ 渋谷」がサジェストされます。

以上のように、サジェストは実際に検索されたキーワード、地域や言語、検索履歴によって構成されています。

これらの要素を理解することで、より効果的にサジェストを活用し、アクセス数を増やすことができるでしょう。

サジェスト対策の具体的なメリット

サジェスト対策の具体的なメリット

サジェスト対策の具体的なメリットは以下の4つです。

サジェスト対策のメリット

・スピード感の提供と臨機応変な対応
・ブランディング効果とその持続
・低予算での高いコストパフォーマンス
・ペナルティの回避

それぞれ詳しく解説します。

スピード感の提供と臨機応変な対応

サジェスト対策をすることで、情報が迅速に表示されるというメリットがあります。
例えば、通常のSEO対策では検索結果に反映されるまでに数ヶ月かかることが一般的です。

そのため、新しい商品やサービスの情報を素早くユーザーに伝えたい場合には、SEO対策ではタイミングを逃してしまうことがあります。

しかし、サジェスト対策ならば、1週間ほどでサジェストに表示される可能性があります。この速さはSEO対策では実現できないものです。

例えば、新商品を発売した際に、その商品名がサジェストに表示されるように対策を行えば、ユーザーが検索する際にすぐに目にすることができます。これにより、販売促進のタイミングを逃さずに行うことができるのです。

アクシアWEBマーケティングラボ

サジェスト対策は、検索エンジンにおける即効性のある施策として非常に有効です。新規顧客の獲得やブランドの早期認知が促進され、ビジネスの成功に大きく寄与するでしょう。

ブランディング効果とその持続

サジェスト対策の具体的なメリットに、ブランディング効果とその持続性があります。

サジェストがブランディングに効果を発揮する理由は、表示されることで多くの人の目に留まるからです。多くの人が検索していると感じることで、ユーザーはその名前に対して信頼感や親近感を持ちやすくなります。

また、「美味しい」「信頼できる」「人気」などのポジティブなキーワードが一緒に表示されることで、そのブランドに対する好印象がさらに強まります。

サジェスト対策は、すぐに集客につながらない場合でも、多くの人の目に留まることでブランドの認知度を高める効果があります。これにより、将来的な集客機会を増やし、長期的なブランドイメージの向上にもつながります。

低予算での高いコストパフォーマンス

サジェスト対策の具体的なメリットには、低予算での高いコストパフォーマンスがあります。

サジェスト対策は、既存のSEO対策やコンテンツマーケティング戦略の一環として実施されることが多く、特別な追加コストをかけずに行うことが可能です。

このため、サジェスト対策はコンテンツの質を向上させたり、ユーザーにとって価値のある情報を提供することが中心となり、効率的にコストパフォーマンスを実現することができるでしょう。

サジェスト対策は低予算で始められ、短期間で成果を上げることができるため、非常にコストパフォーマンスが高い施策です。

アクシアWEBマーケティングラボ

企業がサジェスト対策を行うことで、ポジティブなキーワードを表示させると同時に、ネガティブなキーワードを非表示にすることができ、ユーザーに対して良い印象を与えることができます。
結果として、ブランドの信頼性が向上し、長期的な効果を得ることができます。

ペナルティの回避

サジェスト対策の具体的なメリットの一つとして、ペナルティを回避できる点があります。
これは、一般的なSEO対策で発生するリスクを回避できるため、企業にとって非常に重要です。

一般的なSEO対策の一環としてよく行われるのが被リンク対策です。

被リンク対策は、他のウェブサイトから自分のウェブサイトへのリンクを増やすことで、検索エンジンの評価を高める手法です。これにより、検索順位を効率的に上げることができます。

しかし、この方法には大きなリスクがあります。不自然なリンクや質の低いリンクを大量に取得すると、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があり、最悪の場合、検索順位が大幅に下がることがあります。

このようなペナルティを受けた例は少なくなく、SEO対策を行う上で常に不安がつきまとうのです。

一方、サジェスト対策にはこのようなペナルティのリスクがありません。サジェスト対策は、検索エンジンのサジェスト機能に表示されるキーワードをコントロールすることで、ユーザーにポジティブな印象を与える手法です。

これはウェブサイトの内容やリンク構造に直接関与しないため、検索エンジンからのペナルティを受ける心配がありません。実際に、サジェスト対策を行ったことでペナルティを受けたという事例は報告されていません。

サジェスト対策を自分で行う方法

サジェスト対策を自分で行う方法

サジェスト対策は自分で行うことができます。

サジェスト対策を自分で行う

・自力で行うサジェスト対策の手順
・サジェスト対策を自分で行う際に気をつけること

アクシアWEBマーケティングラボ

サジェスト対策って自分で行えるの?と疑問を持つ方に向けて
以上の2つの項目から、詳しく解説します。

自力で行うサジェスト対策の手順

サジェスト対策の手順は以下の流れです。

サジェスト対策の手順
  • 現状の分析
  • ポジティブなキーワードの選定
  • コンテンツの作成
  • コンテンツの広め
  • 結果をモニタリング

まず、自分の会社や商品がどのようなキーワードでサジェストされているかを調べます。

例えば、「(会社名) 詐欺」や「(商品名) 壊れやすい」といったネガティブなキーワードが表示されていないか確認します。

次に、自分のビジネスに関連するポジティブなキーワードを考えます。

例えば、「(会社名) 口コミ」や「(商品名) おすすめ」といったキーワードを選びます。

選定したポジティブなキーワードを含むコンテンツを作成します。ブログ記事やレビュー、SNSの投稿などで、自然にポジティブなキーワードを使用します。

作成したポジティブなコンテンツを、できるだけ多くの人に見てもらうために、SNSやメールマガジン、他のウェブサイトでシェアします。また、ユーザーにレビューやコメントを投稿してもらうことも効果的です。

定期的にサジェストキーワードを確認し、対策が効果を発揮しているかをチェックしましょう。

必要に応じて、さらにポジティブなコンテンツを追加したり、別のキーワードで対策を行ってください。

サジェスト対策を自分で行う際に気をつけること

自分でサジェスト対策を行う場合、検索を繰り返したり、SNSに大量に投稿することでサジェスト順位を変更することは理論上可能です。

しかし、検索エンジンは多くの異なるユーザーからの検索パターンを見て判断するため、自分だけのパソコンやスマホを使って何度も検索しても、多くのユーザーからの需要があると認識されません。

複数の回線やデバイスを用意することは現実的ではなく、自分一人でサジェスト対策を行うのは困難だと言えます。

さらに、サジェストのアルゴリズムは検索エンジンごとに異なる場合があるため、すべての検索エンジンに対応する必要があります。そのため、最新の検索結果を確認し続ける必要があり、これは非常に手間がかかる作業です。

最短最速で効果を出すなら専門業者に依頼することをおすすめします。

アクシアカンパニーのサジェスト非表示対策

弊社、アクシアカンパニーでは
Google、Yahoo!、Bingの主要プラットフォームに対応しながら、成果達成率99%!
キーワードにもよりますが早くて、1週間程度で対策可能です。
ネガティブなキーワードを対策したい企業様・個人様、ぜひご相談ください。

Google,Yahoo!,Bing別!サジェスト対策から非表示/仕組み/削除申請まで解説

Google,Yahoo!,Bing別!サジェスト対策から非表示/仕組み/削除申請まで解説

Google、Yahoo!、Bingのサジェスト表示の仕組みをそれぞれ解説します。

Google、Yahoo!、Bingサジェスト表示

・Googleサジェスト表示の仕組み
・Yahoo!サジェスト表示の仕組み
・Bingサジェスト表示の仕組み

アクシアWEBマーケティングラボ

ここからはGoogle,Yahoo!,Bing別にサジェスト表示の仕組みから削除申請、効果的な対策方法まで、わかりやすく解説していきます!

Googleサジェスト表示の仕組み

Googleサジェスト表示の仕組み

Googleサジェストを非表示または削除する方法は、Googleのオートコンプリートポリシーに基づいて行われます。

Googleは、ユーザーが安全かつ快適に検索できるように、特定の基準を設けています。この基準に違反するサジェストは削除対象となります。

Googleのオートコンプリートポリシーでは、以下のような内容のサジェストは表示されないようになっています。

Googleのオートコンプリートポリシー

危険なコンテンツ:暴力や違法行為を助長する内容
ハラスメント コンテンツ:他人をいじめたり、嫌がらせをする内容
ヘイト コンテンツ:人種、性別、宗教などに基づく差別的な内容
露骨な性表現を含むコンテンツ:性的に露骨な表現
テロに関するコンテンツ:テロ活動を助長する内容
暴力や流血:暴力的な行為やその結果を描写する内容
下品な言葉や冒とく的表現:下品な言葉や侮辱的な表現

また、選挙関連の言葉や、健康に関する誤情報を含む言葉、個人に対する中傷的な内容も表示されないように管理されています。

これにより、ユーザーは不適切なサジェストに惑わされることなく、正確で有用な情報を得ることができます。

Googleサジェストを非表示/削除する方法

サジェストの削除を依頼する場合には、Googleの「法律に基づく削除に関する問題を報告する」フォームを使用します。このフォームに以下の情報を入力します。

この情報をもとに、Googleは申請内容を確認し、法的侵害性が認められた場合にはサジェストを削除します。

ただし、Googleからの回答には1週間から2週間程度かかることがあります。申請の際には、同じ内容で何度も繰り返し送信しないように注意しましょう。スパムと見なされる可能性があるからです。

この手順を踏むことで、Googleに対して不適切なサジェストの削除を申請することができます。正確な情報と証拠を提供することで、より効果的に対処できます。

Googleに削除申請の流れ

Googleで不適切なサジェストを削除したい場合には、特定の手続きを行う必要があります。

まず、Googleの「法律に基づく削除に関する問題を報告する」フォームを使用して申請しましょう。申請の流れは以下のとおりです。

詳しく知りたい方はこちらも併せて読んでください。
Googleサジェスト/関連ワードの具体的な削除方法【画像付き】

居住国を選択します。次に、氏名を戸籍上のフルネームで記入し、連絡用のメールアドレスも入力します。このメールアドレスはGoogleからの連絡を受けるために重要です。

次に、権利侵害にあたると考えるコンテンツについての詳細を記載します。具体的には、次の情報が必要です。

  • コンテンツを見つけるのに使用した検索キーワード
  • 検索キーワードの入力中に表示された不適切な予測キーワード
  • 権利侵害にあたると考えるコンテンツが表示される国
  • その検索候補が違法となる理由

また、問題となっている検索画面のスクリーンショットも添付しましょう。スクリーンショットは、問題のキーワードが表示されている証拠となります。
最後に、申請内容の確認と署名を行います。署名は申請書の信憑性を高めるために必要です。

申請後、Googleは内容を確認し、法的に問題があると判断された場合は、サジェストを削除する可能性があります。

しかし、Googleからの回答は即座には来ません。通常、1週間から2週間程度かかります。

アクシアWEBマーケティングラボ

結果がすぐに得られない場合でも、何度も同じ内容で問い合わせるのは避けましょう。繰り返し同じ申請を行うと、スパムと見なされて無視される可能性があります。忍耐強く待つことが大切です。

専門業者:風評被害対策会社に依頼

自社でサジェスト削除の対応が難しい場合、専門業者である風評被害対策会社に依頼することが解決策の一つです。

サジェスト非表示の専門業者は、インターネット上のネガティブな情報を監視し、適切な対策を講じてくれます。

Googleへの削除申請が不十分であると感じた場合や、要求が却下された場合には、弁護士に相談するのも一つの手です。弁護士は、適切な書類作成や証拠の提出をサポートし、削除要求の成功率を高めることができます。

しかし、サジェスト非表示に関しては、専門の対策会社に依頼することを特におすすめします。

専門対策会社では、サジェスト非表示に関する対策はもちろんのこと、キーワードの監視を行い、異常を早期に発見したり、誹謗中傷や風評被害の原因を解明したりするなど、長期的な視点で根本から解決する対策を提供します。

さらに、今後の被害を防ぐための予防策も実施可能です。

また専門対策会社は依頼後迅速に対応に取り掛かるため、削除依頼などを待つよりも早く、より効果的な対策が取れるでしょう。迅速な対応は、企業の評判を守るために非常に重要です。

専門業者に依頼することで、プロフェッショナルなサポートを受けることができ、サジェスト非表示だけでなく、長期的な風評被害対策や誹謗中傷の防止策も講じることができます。

これにより、企業のオンラインでのイメージを守り、信頼を維持することが可能です。

無料相談受付中

法的な削除は弁護士に依頼

Googleサジェストを非表示にしたい場合、弁護士に依頼することをおすすめします。

Googleに削除依頼を行う際、ネガティブなサジェストが違法であることを明確に示す必要があります。

しかし、自分がどういった権利を侵害されているのかを判断したり、申請フォームを用いて、法的に適切な文章を作成したりすることは難しい場合もあります。

忙しくて削除依頼手続きや法律知識を調べることが難しいという方は、弁護士のサポートを得て行うことが大変有効です。

弁護士に依頼する際は、削除依頼の経験も豊富な弁護士を選ぶことが重要です。弁護士に依頼するメリットは、法的視点に基づくカウンセリングを受けられることです。

弁護士は、企業がどのように権利を侵害されているのかを詳しく分析し、適切な削除依頼を行うためのサポートを提供します。これにより、企業は自分で調査する手間を省き、専門的な知識に基づいた確実な対応を取ることができるでしょう。

また、弁護士は削除依頼手続きの経験が豊富であり、Googleに対する削除依頼の成功率を高めることができます。サジェストの削除だけでなく、関連するネガティブなコンテンツの削除依頼も同時に行うことで、企業の評判を守るための包括的な対策が可能です。

サイト制作・運営者に削除依頼

Googleサジェストを非表示にしたい場合、サイト制作・運営者に直接削除依頼をする方法もあります。しかしこちらの方法はあまりおすすめできません。

まず、サジェスト汚染が発生する原因は、多くの場合、特定の記事や投稿が元になっています。

これらの情報がインターネット上に残っていると、サジェストを削除できたとしても、再び同じサジェストが発生する可能性があります。

そのため、発信源となっているサイトの管理者や運営者に直接連絡し、問題となっている投稿や口コミを削除してもらうことになります。

問い合わせフォームを使って削除依頼をする際には、管理者やサイト運営会社に対して丁寧で分かりやすい理由を記載することが大切です。

例えば、「この記事は私のプライバシーを侵害している」や「この投稿は事実無根で名誉を毀損している」といった具体的な理由を挙げましょう。

また、高圧的な態度や強い口調で依頼をすることは避けましょう。これは、管理者が自分の主義主張を実現するために記事を投稿している場合、逆に反感を買い、問題がさらに大きくなる可能性があります。

この方法は、運営者に直接依頼の連絡をすることで、サジェスト汚染の根本原因を取り除くことです。しかし、前述で説明した通りリスクやデメリットがあるので、あまりおすすめしておりません。

注意事項
サイト運営者に削除依頼をする場合、対応によってはトラブルになり、更にネガティブコンテンツを追加されたりする可能性もございます。問い合わせた後の対応については、細心の注意を払いましょう。
※弊社としては、あまり推奨しておりません。

アクシアWEBマーケティングラボ

仮に行う場合は、Googleでの削除申請が受理された場合にも並行して行うことをおすすめします。Googleでの申請が受理されるまでには時間がかかることが多いため、並行して運営者に依頼することで、より迅速に問題を解決できる可能性が高まります。

Yahoo!サジェスト表示の仕組み

Yahoo!サジェスト表示の仕組み

Yahoo!のサジェスト表示の仕組みは、Yahoo!独自のアルゴリズムに基づいて動作しています。

このアルゴリズムは、膨大な検索データを元に、検索数の多いキーワードや関連性の高いキーワードを自動的に表示する仕組みです。

具体的には、過去に多数のユーザーが検索したキーワードや、特定のキーワードと共に検索されることが多い関連キーワードが優先的に表示されます。

このサジェスト機能は、ユーザーの検索行動を統計的に分析し、リアルタイムでデータを反映することで精度を高めています。これにより、トレンドの変化や季節ごとの検索傾向なども迅速に反映され、常に最新の情報が提供されるようになっています。

Yahoo!サジェストもネガティブなワードが表示されると、売上の低下や顧客離れといった深刻な影響を及ぼす恐れがあります。

Yahoo!でも、サジェストで表示されるキーワードについて、運営側が不適切と判断したものを削除してくれます。問題のあるキーワードをインターネットサイトから報告し、削除申請を行いましょう。

しかし、すべてのキーワードが削除されるわけではなく、Yahoo!側が定めているルールを守っていないキーワードだけが削除されます。

日本国内でYahoo!検索は一定のシェアを持っているため、サジェスト汚染を放置するのは非常に危険です。

削除申請を出してから削除されるまでの間にも、悪い評判はどんどん拡散してしまう可能性があるためです。このような場合には、サジェスト汚染の対策を専門的に行っているプロに相談しましょう。

Yahoo!に削除申請をする

Yahoo!では、スパムや差別用語、犯罪を助長する用語、そしてYahoo!が不適切と判断した用語は削除対象です。

つまり、これらの条件に当てはまるキーワードであれば、申請を出すと削除対応する可能性は高いでしょう。

申請する際はこちらYahoo!削除申請フォームから申請いたします。

詳しく知りたい方はこちらも併せて読んでください。
Yahoo!サジェスト/関連ワードの具体的な削除方法【画像付き】

申請時には、法的な根拠を示すと、削除要請が通りやすくなります。
例えば、「このキーワードは私の名誉を傷つける内容です」と具体的に説明すると良いでしょう。

しかし、条件に当てはまらないキーワードについては、Yahoo!はキーワード削除に応じません。たとえ申請者が「問題がある」と感じても、Yahoo!側が同じように判断しない場合もあるのです。

Yahoo!に削除申請をする際には、削除してもらえるケースとそうでないケースを理解し、法的根拠をしっかり示すことが重要です。申請が通らなかった場合は、別の対策を考えることも大切でしょう。

専門業者:風評被害対策会社に依頼

Yahoo!でサジェスト汚染が起こった場合、専門業者である風評被害対策会社に依頼しましょう。

Yahoo!でサジェスト汚染が起こった場合も、特におすすめなのが風評被害専門の対策会社に依頼することです。

専門対策会社では、インターネットに関する専門知識と豊富な経験を持っており、効果的に対応してくれます。

まず、該当のサジェストが表示されなくなるような施策を行います。また、プラスのキーワードが表示されるように働きかけることも可能です。これにより、ネガティブなサジェストを非表示化し、会社や個人の評判を守ることができます。

さらに、サジェスト汚染の原因を追究し、再発を防ぐための対策も行います。なぜサジェストが汚染されたのかを調査し、根本的な原因に対処することで、再発の可能性を抑えます。これにより、一度対策を取った後も安心して過ごすことができるでしょう。

また、専門対策会社に依頼することで、自分で対応する手間と時間を省くことができます。

アクシアWEBマーケティングラボ

専門業者に任せることで、効果的かつ迅速に問題を解決できるため、ストレスも軽減されます。

法的な削除は弁護士に依頼

Yahoo!でもサジェスト汚染が起こった場合、法的な削除を弁護士に依頼することが非常に有効です。弁護士は、検索エンジンに対する削除依頼の手続きをサポートしてます。

具体的には、削除依頼に必要な書類や証拠を整理し、法的要件を満たす方法をアドバイスしてくれます。これにより、企業や個人が適切な方法で削除依頼を行えるよう支援してくれるのです。

弁護士を通じて法的なアプローチを行うことで、削除率が高くなります。これは、弁護士が法的根拠を示しながら削除依頼を行うためです。

例えば、名誉棄損や侮辱、偽計業務妨害罪などの法律に基づいて、具体的にどの法律の第何条に違反しているのかを特定し、主張・立証します。このように法的に強力な理由を示すことで、削除が認められる可能性が高まるでしょう。

しかし、弁護士を通じて削除申請を行う場合、注意点もあります。弁護士に依頼する際には、着手金などの費用が発生することがあります。

さらに、削除に成功しても、再度別のネガティブワードが表示される場合があり、その都度費用がかかるため、割高になる可能性も考慮しなければなりません。

弁護士に依頼して削除申請が通らなかった場合や、法的根拠が弱いと説明された場合は、サジェスト対策会社に依頼するなどの別の方法を試みることもおすすめでしょう。

サイト制作・運営者に削除依頼

Yahoo!サジェストを非表示にしたい場合、サイトの制作や運営者に直接削除を依頼する方法もあります。しかし、この方法はあまり推奨しておりません。

まず、サジェスト汚染が起こる原因の多くは、特定の記事や投稿が発端です。これらの情報がインターネット上に残っていると、サジェストを一度削除できたとしても、再び同じサジェストが表示される可能性があります。

そのため、情報源となっているサイトの管理者や運営者に連絡し、問題のある投稿やレビューを削除してもらう必要があるのです。

問い合わせフォームを使用して削除を依頼する際には、管理者やサイト運営会社に対して丁寧で分かりやすい理由を記載することが重要です。

例えば、「この投稿は私のプライバシーを侵害しています」や「この記事は事実無根で名誉を毀損しています」といった具体的な理由を挙げましょう。

また、高圧的な態度や強い口調で依頼することは避けるべきです。管理者が自分の信念や意図を持って記事を投稿している場合、逆に反感を買い、問題がさらに大きくなる可能性があります。

注意事項
サイト運営者に削除依頼をする場合、対応によってはトラブルになり、更にネガティブコンテンツを追加されたりする可能性もございます。問い合わせた後の対応については、細心の注意を払いましょう。
※弊社としては、あまり推奨しておりません。

この方法は、運営者に直接依頼を連絡することで、サジェスト汚染の根本原因を取り除くことを目指しています。

しかし、上述の通りリスクやデメリットがあるため、あまりおすすめできない方法だということを覚えておきましょう。

Bingサジェスト表示の仕組み

Bingサジェスト表示の仕組み

Bingのサジェスト機能は、検索エンジンユーザーの過去の検索履歴やウェブ上の関連コンテンツに基づいて、よく検索されるキーワードを表示しています。

頻繁に検索されるワードや、関連性の高いコンテンツが多いキーワードが表示される傾向があります。

Bingサジェストの更新頻度は不規則ですが、おおよそ1か月に1回程度と考えられています。Bingのサジェストは、GoogleやYahoo!とは別のロジックで動作しているため、検索エンジンによってサジェスト内容が異なる場合があります。

Bingには「関連キーワード」と呼ばれる機能も存在します。PCの検索結果ページ右側や下部に8つのキーワードが表示されるのがこれにあたります。

アクシアWEBマーケティングラボ

検索ワードと組み合わせてよく検索される複合キーワードや、次に検索されそうなキーワードが表示される傾向があります。

Bingサジェストを非表示/削除する方法

サジェスト・関連キーワードの削除は、
違法行為、児童への危害、スパム、不適切コンテンツ、誤解を招く行為、中傷、プライバシー侵害など、MicrosoftのBingの倫理規定に違反するケースでのみ可能となります。

倫理に反する内容でない限り削除は難しいため、企業はBingでの自社名検索を行い、サジェスト汚染がないかチェックすることが賢明です。

Bingに削除申請をする

Bingのサジェスト・関連キーワードの削除を申請する方法について説明します。

  • Bingに対する問題を報告」のページにアクセスします。
  • 「Bing上で見たものの削除を申請したい」を選択します。
  • 「もう1つ問題があります」を選択します。
  • 「Bing検索候補に関する問題を報告します」を選択します。
  • 問題と考えられるサジェストワードを入力します。
  • 「その他の情報を入力してください」に詳細を記入し、フォームを送信します。

詳しく知りたい方はこちらも併せて読んでください。
Bingサジェスト/関連ワードの具体的な削除方法【画像付き】

この削除依頼ですべてが対応されるわけではありませんが、通れば約1週間程度でサジェストキーワードが削除される可能性があります。

削除が認められるのは、Microsoftの倫理規定に違反していると判断された場合に限られます。申請しても削除されないケースも多く、時間がかかる上に解決につながらない可能性もあるようです。

一度削除されても、検索が継続すれば再度表示される場合もあり、根本的な解決にはなりません。

つまり、倫理違反が認められない限り削除は困難で、削除されても一時的な対処にすぎません。サジェスト汚染対策としては、別の専門的な対策を検討する必要があるでしょう。

専門業者:風評被害対策会社に依頼

サジェスト汚染への対策として、専門の風評被害対策会社に依頼するメリットは大きいでしょう。

専門業者であれば、ノウハウと知識に基づいた根本的な解決策を立てることができます。

単に削除依頼を出すのではなく、検索順位を下げる「逆SEO」の手法などを用いて、ネガティブキーワードの表示自体を防ぐ対策が可能です。さらに米国発の技術ORMを活用するなど、より高い成功率が期待できます。

専門業者に依頼するメリットは主に3つあります。

風評被害対策会社のメリット

・迅速な対応が可能
・原因の特定ができる
・再発防止対策が立てられる

被害の拡大を最小限に食い止めるため、素早い対処が欠かせません。専門業者なら状況を素早く把握し、適切な初動対応ができます。

サジェスト汚染には何らかの原因があるものです。専門業者ならその原因を的確に特定し、原因に対しても働きかけることができます。

原因特定に加え、単なる削除ではなく再表示防止の施策を講じます。また継続的な監視体制で早期発見・対処も可能になるため、根本的な解決と再発防止につながります。

サジェスト汚染は企業イメージに深刻なダメージを与える可能性があるため、自身で削除依頼を出すよりも、専門業者に迅速な対応と再発防止策を依頼する方が賢明でしょう。

法的な削除は弁護士に依頼

Bingのサジェスト汚染の対策も、弁護士に削除依頼することができます。

インターネットトラブルに関する専門的な法的知識を持っているので、弁護士ならば、法的根拠に基づいた適切な削除要請を行うことができます。

単に削除を求めるだけでなく、法的な義務づけができるのが大きなメリットです。

一方で、必ずサジェストキーワードが削除できるわけではありません。また、一度削除されても再発する可能性もあり、根本的な解決にはなりません。ここに関しては、Google、Yahoo!と同じでBingもこうしたデメリットも理解しておく必要があります。

弁護士からの法的根拠を伴った削除要請なら、Bingも真摯に対応せざるを得ません。特に企業や個人への被害が重大な場合は、早期の削除が不可欠です。検索した時点でネガティブワードが出てくれば、イメージ悪化は避けられません。

このように、サジェスト汚染対策として弁護士に依頼することで、法的な裏付けを持った削除要請が可能になります。早期の問題解決と、深刻な被害の未然防止につながるでしょう。

サイト制作・運営者に削除依頼

Bingサジェスト汚染対策として、サイト制作・運営者に削除依頼することもできます。

ウェブサイトにネガティブな内容が掲載されていれば、そこからサジェストキーワードが生成される可能性があります。そういったサイトの運営者に内容の削除や修正を求めることで、ネガティブキーワードの除去につながる可能性があります。

サイト運営者への依頼のメリットは、原因となるコンテンツに直接働きかけられる点にあります。

Bingなどに直接削除を求めるのは難しい場合がありますが、コンテンツ制作者次第でコンテンツを適切に変更してもらえれば、そもそものネガティブキーワード発生源を撲滅できます。

ただし、コンテンツの削除や修正に応じてくれるかはサイト運営者次第です。運営者の協力が得られない場合は、この方法では限界があります。

また、ある運営者のサイトを修正しても、他に原因サイトが残っている可能性もあり、抜本的な解決にはなり得ません。

そのため、サジェスト汚染対策としては、専門の対策業者に依頼することがより確実な方法と言えます。対策業者ならば、原因の特定から再発防止対策まで包括的に行えます。

サイト運営者への依頼はあくまで一時的な対症療法にすぎません。根本的な解決には、専門家の力を借りることが賢明でしょう。

注意事項
サイト運営者に削除依頼をする場合、対応によってはトラブルになり、更にネガティブコンテンツを追加されたりする可能性もございます。問い合わせた後の対応については、細心の注意を払いましょう。
※弊社としては、あまり推奨しておりません。

サジェスト汚染対策:風評被害対策会社を利用したアプローチが早い!

サジェスト汚染対策:風評被害対策会社を利用したアプローチが早い!

サジェスト汚染が起こった場合、風評被害対策会社を利用することが非常に効果的で迅速なアプローチとなります。

まず、風評被害対策会社に依頼するメリットの一つは、プロフェッショナルが対応してくれる点です。これにより、自社で対応するよりも高い効果が期待できます。

専門的な知識と経験を持つプロが、問題の根本から対策を施してくれるため、確実かつ迅速な解決が可能です。

また、風評被害対策会社は、現状の問題を解決するだけでなく、将来的なリスクを未然に防ぐための監視サービスも提供してくれます。これにより、問題が再発しないように継続的なサポートを受けられるのも大きな利点です。

一方、風評被害対策会社に依頼するデメリットとしては、まずコストがかかる点が挙げられるでしょう。自社対応に比べて外注費用が発生するため、予算を確保する必要があります。

しかし、自社対応で適切な対策ができなかった場合のリスクや、再発防止のための労力を考えると、長期的には外注の方がコストパフォーマンスが高いと言えます。

風評被害対策会社を利用することで、専門的で効果的な対応が期待でき、問題の再発を防止するための継続的なサポートも受けられます。

サジェスト汚染に悩んでいる場合は、信頼できる風評被害対策会社に相談することを検討してみてください。プロに任せることで、自社のブランドイメージを守り、安心してビジネスに集中することができます。

アクシアカンパニーのサジェスト非表示対策

弊社、アクシアカンパニーでは
Google、Yahoo!、Bingの主要プラットフォームに対応しながら、成果達成率99%!
キーワードにもよりますが早くて、1週間程度で対策可能です。
ネガティブなキーワードを対策したい企業様・個人様、ぜひご相談ください。

サジェスト非表示対策の料金とは?Google,Yahoo!,Bingの費用相場

サジェスト非表示対策の料金とは?Google,Yahoo!,Bingの費用相場

サジェスト非表示対策の料金についてまとめました。

・Googleサジェスト非表示対策の費用相場
・Yahoo!サジェスト非表示対策の費用相場
・Bingサジェスト非表示対策の費用相場

アクシアWEBマーケティングラボ

風評被害対策会社などでサジェスト非表示を依頼する場合、気になるのが費用ですよね。実際の費用相場をGoogle、Yahoo!、Bingに分けて、それぞれ解説します。

Googleサジェスト非表示対策の費用相場

Googleのサジェストワードは月に2~3回しか更新されず、個々のユーザーの検索履歴などに基づいて表示内容が変わる「パーソナライズ化」が進んでいるため、削除には時間がかかることがあります。そのため、削除費用も高めに設定されていて、月額7万円前後が相場となっています。

サジェスト削除の費用は、依頼する先によって異なります。主に風評被害対策業者と弁護士のどちらかに依頼することが一般的です。

風評被害対策業者に依頼すると、月額3万円から10万円程度の費用がかかります。対策業者は専門的な知識と技術を持っているため、効率的にサジェスト削除を行ってくれます。

一方で、弁護士に依頼する場合は、1件あたり5万円から20万円程度の費用がかかります。

弁護士は法律の専門家であり、法的な手段を使ってサジェスト削除を進めることができます。特に深刻な風評被害が発生している場合や、法的な問題が絡んでいる場合には、弁護士に依頼する方が効果的です。

このように、サジェスト非表示対策の費用は、依頼する先や状況によって異なります。自分の状況に合った方法を選ぶことが大切です。

また、サジェスト削除は一度の対策で完全に終わるわけではなく、継続的な対策が必要な場合もあります。そのため、長期的な費用も考慮して対策を進めることが重要です。

Yahoo!サジェスト非表示対策の費用相場

Yahoo!のサジェストワード(虫眼鏡)は毎日更新されるため、削除までの時間が比較的短く、1~2週間程度で済みます。このため、Yahoo!のサジェスト削除費用は月額5万円前後と安めに設定されています。

費用をできるだけ抑えるためには、依頼の前にできる限りの準備をしておくことが重要です。

例えば、「最近うちの会社の評判が悪い」と漠然とした情報よりも、「Googleで社名検索すると1ページ目にネガティブな情報が多い」という具体的な情報を集めることが大切です。自分でウェブサイトやソーシャルメディアをチェックし、必要な情報を集めておきましょう。

また、最初から弁護士事務所に依頼することも可能です。IPアドレスの開示などで投稿者を特定できれば再発を防げるため、中長期的にはコストを抑えられるケースもあります。

これらの対策を組み合わせることで、効果的かつ費用効率の高いサジェスト削除が可能です。

Bingサジェスト非表示対策の費用相場

BingはMicrosoftが提供する検索エンジンで、WindowsパソコンのデフォルトブラウザであるMicrosoft Edgeで使用されるため、多くのユーザーが利用しています。

Bingでは、検索窓の下や検索結果の下部にサジェスト(検索候補)や関連キーワードが表示され、これらはBingのアルゴリズムによって検索数が多いものや関連性の高いものが選ばれます。

Bingのサジェストや関連キーワードの表示が更新される頻度は、約月1回とされていますが、必ずしも定期的ではなく不定期に変わることがあります。

これにより、悪影響のあるサジェストを非表示するまでの期間は1ヶ月から2ヶ月程度、関連キーワードは1ヶ月から3ヶ月程度かかることが一般的です。

Bingのサジェスト非表示対策の費用相場は、依頼先と対策の内容によって異なりますが、削除費用は月額5万円前後となっています。

「多少費用がかかっても、安全にサジェストを非表示したい」「削除スピードを優先したい」など症状に合わせて、風評被害対策業者や弁護士に依頼することで、効果的に進めることができるでしょう。

まとめ

アクシアWEBマーケティングラボ

最後に、今回の内容をまとめたので、振り返ってみましょう。
サジェスト汚染を防ぐための効果的な方法と戦略は以下のとおりです。

サジェスト汚染を防ぐための効果的な方法と戦略
  • GoogleやYahoo!への削除申請
  • サイト運営会社にネガティブコンテンツの削除を依頼する
  • 弁護士に依頼する
  • サジェスト非表示対策を行う

不適切なサジェストを削除したい、非表示にしたい場合に必要な情報も知っておきましょう。

不適切なサジェストを削除したい/非表示にしたい場合に必要な情報
  • コンテンツを見つけるのに使用した検索キーワード
  • 検索キーワードの入力中に表示された不適切な予測キーワード
  • 権利侵害にあたると考えるコンテンツが表示される国
  • その検索候補が違法となる理由

サジェスト対策は自社での対応も可能ですが、プロに任せることをおすすめしています。専門業者、風評被害対策会社に依頼するメリットは以下のとおりです。

専門業者、風評被害対策会社に依頼するメリット
  • 迅速な対応が可能
  • 原因の特定ができる
  • 再発防止対策が立てられる

Google,Yahoo!,Bing別の費用相場も覚えておきましょう。

Google,Yahoo!,Bingの費用相場
  • Google月額7万円前後
  • Yahoo!月額5万円前後
  • Bing月額5万円前後

サジェスト非表示対策のために失敗しない会社選び!

サジェスト非表示対策のために失敗しない会社選び!

ネガティブなサジェストを非表示にするためには、効果的な対策を行うことが重要です。サジェスト非表示対策を成功させるためには、信頼できる会社を選ぶことが鍵となります。

アクシアカンパニーは、サジェスト非表示対策に強みを持ち、多くの実績があります。専門的な知識と経験を活かし、サジェスト汚染の原因を徹底的に分析し、解決に導いてきました。

ネガティブなサジェストにお困りの場合は、ぜひアクシアカンパニーにご相談ください。

アクシアカンパニーのサジェスト非表示対策

弊社、アクシアカンパニーでは
Google、Yahoo!、Bingの主要プラットフォームに対応しながら、成果達成率99%!
キーワードにもよりますが早くて、1週間程度で対策可能です。
ネガティブなキーワードを対策したい企業様・個人様、ぜひご相談ください。

ABOUT US
アバター画像
アクシアWEBマーケティングラボ日々WEBマーケティングの探求を行なっています。
株式会社アクシアカンパニーのスタッフです。お客様の事例、ニュース、コラムなど最新のトピックを配信しています。
contact ×
お問い合わせフォームへ

お問い合わせフォームへ