column

お役立ちコラム

区切り

逆SEO対策とは?やり方を解説する完全ガイド

逆SEO対策とは?やり方を解説する完全ガイド

「自社に対する批判的な記事やブログに困っている」
「逆SEO対策のやり方や効果について知りたい」

自社に関する批判的なブログやまとめサイトの記事が検索結果に表示されると、多くの人の目に触れてしまいます。どうにかして検索結果から目立たなくしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、検索結果から完全に削除するのは難しい場合があります。

しかし、逆SEO対策を適切に行えば、ネガティブな記事を目立たなくし、ポジティブな情報を上位に表示させることが可能です。

この記事では、逆SEO対策の基本概念や具体的な方法、さらに効果的なアプローチについて詳しく解説します。

逆SEO対策を理解し、正しい方法で取り組むことで、自社の評判を守る手助けとなるでしょう。

本記事を読むとわかること
  • 逆SEO対策とは?基本的な概念とその重要性
  • 逆SEOの仕組み
  • 逆SEO対策のメリットとデメリット
  • 具体的な逆SEO対策の方法
  • やってはいけない逆SEO対策の方法

今すぐWEBで無料相談

逆SEO対策とは?

逆SEO対策とは?

逆SEO対策について、わかりやすく解説していきます。

  • 逆SEO対策の基本的な概念
  • 通常のSEO対策との違い
  • 逆SEO対策の重要性

上記3つの項目から逆SEO対策の基礎を学びましょう。

逆SEO対策の基本的な概念

逆SEO対策の効果を表した図

逆SEO対策とは、特定のWebサイトの順位を意図的に下げるための方法です。これは、特に誹謗中傷による風評被害を防ぐために行われます。

例えば、ある企業についての根拠のない悪い口コミやネガティブな情報が検索結果の上位に表示されている場合、その情報を目立たなくするために、逆SEO対策を行います。

これは「ネガティブSEO」や「リバースSEO」とも呼ばれます。

一部の調査によると、検索順位が1位のサイトのクリック率は33%ですが、10位以下のサイトのクリック率は1%以下という結果がみられました。

自社サイトやポジティブなサイトを上位に表示させることで、ネガティブサイトが見られる機会を減らし、評価を高めることができます。

要するに、逆SEO対策は、新しい良質なコンテンツを作り、ネガティブな情報を目立たなくすることで、企業や個人のブランドイメージや評判を守るための方法です。

通常のSEO対策との違い

SEOと逆SEO対策の違い

通常のSEO対策(検索エンジン最適化)は、Googleなどの検索結果で自分のサイトを上位に表示させるための手段です。

例えば、検索した時に、公式サイトが一番上に出てくるようにSEO対策をすることで、より多くの人がサイトを訪れるようになります。

これに対して、逆SEOは、特定のサイトの検索順位を下げるための方法です。

例えば、自分の会社の名前で検索した時に、悪い口コミが書かれているページが上位に表示されてしまった場合、逆SEO対策をすることでネガティブなサイトを下位に押し下げることで、目につきにくくすることができます。

詳しい逆SEOの方法については、のちほど「逆SEO対策の具体的な方法」で解説します。

逆SEO対策の重要性

逆SEO対策の重要性は、企業やお店のイメージや利益、評判を守るためにとても大切です。

なぜなら、多くの人が食事や旅行、仕事探しをする際、インターネットで店名や企業名を検索して口コミなどをチェックします。

もしこの時、検索結果に誹謗中傷やネガティブな情報があれば、それだけでお客さんや求職者に避けられてしまう可能性があるからです。

ネガティブなサイトが及ぼす悪影響
アクシアWEBマーケティングラボ

逆SEO対策は、こうしたリスクを減らし、企業やお店のイメージや利益、評判を守るために重要なのです。

逆SEO対策のメリットとデメリット

メリット・デメリット

逆SEO対策には、メリットとデメリットがあります。

ここでは、逆SEO対策のメリットとデメリットについて解説します。

逆SEOの効果として期待できるもの

逆SEO対策のメリット

逆SEO対策のメリットは、悪い評判を抑えることで、売上やブランドイメージを回復できることです。例えば、検索結果にネガティブな情報が上位に表示されていると、新規顧客が情報を見てしまい、購入をためらってしまいます。

逆SEO対策によって悪い情報を目立たなくすることで、顧客は安心して商品やサービスを購入できるでしょう。

同時に、競合サイトの順位を下げ、自社サイトの順位を上げる効果も期待できます。これにより、自社サイトがより多くの人に見られるようになり、売上が増える可能性が高まります。

さらに、逆SEO対策は誹謗中傷の投稿者と交渉をせず、問題を解決できる方法です。

自社に対する誹謗中傷や、根拠のない悪い口コミを発見した際に、投稿者や掲載元に削除依頼をすることも考えるかと思います。すぐに削除してくれる相手であれば問題ありませんが、削除依頼に応じてくれないケースも多いです。

そういった削除に応じてもらえない場合の手段としても逆SEO対策は有効です。

このように問題を大きくしたくない場合や、穏便に解決したい場合など、他人に悟られずに対策を進められる点もメリットです。

逆SEO対策の費用はかかりますが、ネガティブな情報による損害額を考えると、その費用は大きな投資と言えます。被害を抑え、売上もアップするため、費用を回収しながら対策できる、コストパフォーマンスが高い方法です。

潜在的なリスクとデメリット

逆SEO対策のデメリット

逆SEOにはいくつかのデメリットがあります。

まず、効果が現れるまでに時間がかかる点です。

逆SEO対策を始めても、ネガティブなサイトの検索結果順位がすぐに下がるわけではなく、数週間から数ヶ月かかることがあります。即効性がないため、急いで問題を解決したい場合には向いていません。

逆SEOは長期的な取り組みが必要で、数週間から数ヶ月にわたり、計画を立てて対策を続ける必要があります。すぐに結果を求めるのではなく、長期的な視点で取り組むことが重要です。

また、逆SEO対策は正しい知識と継続した取り組みも必要です。

検索順位は変動するため、一度ネガティブなサイトを下げたからといって、それがずっと固定されるわけではありません。

再上位化する可能性があるため、サイトの運用や調整を継続的に行っていく必要があり、手間がかかる点もデメリットです。

そして、ネガティブなサイト順位を下げて、ポジティブなサイトを上位化するためには、検索順位のアルゴリズムやサイト制作のノウハウが必要です。やみくもに対策を行っても、思った結果が得られず無駄になる可能性があります。

正しい知識をもって、効率的に作業を行うことが重要です。

さらに、悪い評判を書いた人や掲載運営元へ記事を削除依頼した場合、さらに炎上する可能性もあります。また裁判所での手続きが必要になるケースもあり、これには法的な知識と経験が必要で、通常は弁護士を通すのが一般的です。

逆SEO対策は時間がかかるデメリットがあり、すぐに悪評の記事を削除することはできません。慎重に行う必要があるため、Googleのルールに詳しい逆SEOの専門業者に依頼するのが安心です。

アクシアカンパニー逆SEO実績

逆SEO対策の対象となるネガティブ記事やコンテンツ、絶対に何とかしたいですよね。

ご安心ください。
私たちアクシアカンパニーは、創業以来、多くの逆SEO対策に取り組んできたプロです。数多くの経験とノウハウをもとに、あなたのネカティブ記事を下落させるために、全力でサポートを実施します!

また、アクシアカンパニーではあなたの現在の検索結果をもとに、無料で見積り作成を行っています。下記のフォームから、いつでも私たちへご相談ください。

今すぐWEBで無料相談

逆SEO対策の具体的な8つの方法と手順

逆SEO対策をする人

逆SEO対策の具体的な方法は以下のとおりです。

逆SEO対策の具体的な方法と手順
  1. Googleにサイトの削除申請をする
  2. 悪評を発信している管理者に削除を依頼
  3. 警察や弁護士に相談する
  4. 検索ランキングを改善するための戦略
  5. 自社サイトを上位表示させる
  6. 無料ブログや有料ブログ、Webサイト、オウンドメディアを作成する
  7. 企業や個人のSNSアカウントを作成・運用する
  8. 改善したサイトの順位を上位維持する

①~③は削除申請をする方法で、④~⑧がネガティブなサイトの順位を下げる方法です。

①~③の削除申請や弁護士に相談している場合も、並行して④~⑧の逆SEO対策を行うと良いでしょう。

なぜなら、任意での削除依頼や裁判は時間がかかったり、削除に応じてもらえないケースもあるからです。

削除に応じてもらう間に、逆SEO対策を並行して行うことで、ネガティブサイトの順位を下げ、目につきにくくするができます。

それでは、一つずつ解説していきます。

1.Googleにサイトの削除申請をする

逆SEO対策の一つに、Googleに誹謗中傷コンテンツの削除申請を行う方法があります。

Googleへの削除申請方法
  1. Googleヘルプにアクセスし、削除依頼フォームに進む。
  2. 画面の指示に従って、被害状況を詳細に記入する。
  3. 誹謗中傷の対象となるサイトのURLや、そのコンテンツがなぜ誹謗中傷に当たるのかを説明する。
  4. 誹謗中傷が個人のプライバシーを侵害している点や、違法な内容であることを証明するための根拠を提供する。

Googleは依頼内容を審査し、ポリシーに違反しているかどうかを判断しますが、必ずしも削除依頼を受け入れるとは限りません。削除されるかどうかは、Googleの判断に委ねられます。

Googleは信頼性のある情報を重視しており、ポリシー違反が明確でない場合は削除が認められないこともあります。

削除申請が受理されると、該当するコンテンツが検索結果から表示されなくなります。しかし、削除が反映されるまでには時間がかかることがあるため、早めに行動することが大切です。

2.悪評を発信している管理者に削除を依頼

逆SEO対策の一つとして、悪評を発信している管理者に削除を依頼する方法があります。
※削除依頼の方法は、サイトごとに異なります。

管理者に削除依頼をする方法
  1. 悪評やデマがどのサイトに掲載されているかを確認する。
  2. サイトの問い合わせ窓口やサポートページを探す。
  3. 問い合わせ窓口が見つかったら、削除依頼のメッセージを送る。
  4. メッセージには、削除を依頼する具体的なコンテンツのURLと、その内容が誤解や誹謗中傷である理由を記載する。

例えば、「このページに掲載されている情報は事実と異なり、私や私の会社に対して悪影響を及ぼしています」と具体的に書きます。さらに、その情報がどのように誤解を招くかや、どのような悪影響があるかを説明してください。

削除依頼を行う際には、具体的な証拠や法的な根拠を示すことが効果的です。例えば、誹謗中傷が名誉毀損に当たる場合、そのことを説明し、法的な基準に基づいて削除を求めることができます。

削除依頼は、インターネット上の不正確な情報を正すための重要な手段です。情報の自由という権利も大切にしつつ、誤解や誤報を是正し、健全なオンライン環境を維持するために慎重に行動しましょう。

この方法は注意が必要です。
なぜなら、必ず削除されるわけではないことや、サイト管理者によって「本人から削除依頼がきた」などと拡散され、炎上が拡大する恐れもあるからです。

二次被害を生まないためにも、削除依頼は基本的に弁護士を通して解決を図ることをおすすめします。

3.警察や弁護士に相談する

サイト運営者に削除申請しても、申請が通らないなどネガティブな記事が削除できない場合は、弁護士や警察に相談するのも一つの方法です。法的措置をとることで効果が期待できます。

時間やお金がかかるデメリットもありますが、法的な基準に基づいて削除を依頼することが効果的なため、インターネット上の風評被害に詳しい弁護士に相談するのが良いでしょう。

また、対象の記事が複数ある場合や削除ができない場合は、これから紹介する逆SEO対策方法④~⑦を並行して行うことをおすすめします。

4.検索ランキングを改善するための戦略を実行する

まずは、検索ランキングを改善するための戦略をしっかり練りましょう。
検索ランキングを改善するには、以下の戦略を実行しましょう。

  • ドメインパワーをアップさせる
  • キーワードの適切な使用やメタデータの最適化
  • サイトの速度改善

ドメインパワーを高めるためには、キーワードやメタデータを最適化し、サイトの速度を改善し、ソーシャルメディアでの活動を活発にすることが大切です。

逆SEO対策をする前に、競合をリサーチし、ドメインパワーがアップするような戦略を立てることが重要です。

5.自社サイトを上位表示させる

ネガティブなサイトよりも自社サイトを上位表示させる逆SEO対策の方法です。

以下の手順で行います。

  • 自社にとって悪影響を与えるネガティブなサイトが上位に表示される検索キーワードを見つける。
  • キーワードを使って、より質の高いWebページを作成する。
  • ページを検索結果で上位に表示させるために、SEO対策を行う。

さらに、複数の下層ページや、別ドメインのスタッフブログなどを作成しておくと効果的です。

例えば、「自社製品の特徴」「お客様の声」「よくある質問」など、関連するいろいろなページを作っておきます。これにより、自社サイト全体の評価が上がり、ネガティブなサイトの順位が下がる可能性が高まります。

検索エンジンは、ユーザーにとって価値のあるページを上位に表示します。したがって、ユーザーが求める情報を丁寧に提供することが大切です。

例えば、自社製品についての詳細な説明や、実際に使った人のレビューを載せると良いでしょう。自社の良い情報をたくさん発信することで、悪い情報を目立たなくすることが可能です。

6.ブログを作成したり、外部サイトに情報を掲載する

有名ブログサービスなどで個人・企業の公式ブログを作成し、更新するのも逆SEOの方法の一つです。無料で登録できるサービスも多くあるので、始めやすいでしょう。ただし、継続して更新することが必要です。

また、インタビューサイトやPR記事など第三者が運営するサイトに、積極的に情報を掲載する方法もあります。より多くのサイトに情報を掲載することで、ネガティブなサイトの順位を押し下げます。

上記の方法を自力で実践するとなると、時間と人員が必要になります。もし、自力で行うことが難しい場合は、逆SEO対策業者に依頼することで立ち上げから定期的な更新まで行ってくれます。

また多くのメディアサイトを所有している逆SEO対策業者に依頼すれば、上位化するコンテンツの作成から複数のサイトへの掲載までを行ってくれるので効率的に対策が進むでしょう。

7.企業や個人のSNSアカウントを作成・運用する

逆SEO対策の方法として、個人や企業の公式SNSのアカウントを作成し、運用することも効果的です。

Instagramや、X(旧Twitter)、Facebookなどで積極的に情報を発信し、検索結果で上位化させます。

また、他のユーザーにシェアしてもらうことで、サイトの知名度が上がります。これにより、サイトへのリンクが増え、ドメインパワーも向上します。

8.改善したサイトの順位を上位維持する

逆SEO対策で自分のサイトを上位に表示させたら、その順位を維持することがとても大切です。検索結果の順位は毎日変わるため、常に確認し、必要な対策を続けることが求められます。

まず、サイトのコンテンツを定期的に見直すことが重要です。例えば、古くなった情報を新しい情報に更新したり、ユーザーが興味を持つような内容を追加したりします。これにより、サイトの質が向上し、検索エンジンからの評価も高まるでしょう。

次に、検索順位を効率的にチェックするために、検索順位のチェックツールを使いましょう。これらのツールは、複数のキーワードでの順位やその変動を簡単に確認できます。

例えば、「スマホレビュー」や「最新スマホ情報」といったキーワードで、自分のサイトがどの位置にあるかを調べることができます。これにより、順位が下がった場合に早めに対策を打つことができます。

このように、定期的なコンテンツの更新や検索順位のチェックをすることで、逆SEO対策によって上位表示させた記事を維持し続けることができます。

これにより、自分のサイトの評価を高め、ネガティブなサイトが再び上位に表示されるのを防ぐことができます。

逆SEO対策を実施する前のポイント

逆SEO対策を実施する前のポイント

逆SEO対策を実施する前のポイントは以下の2つです。

  • 事前準備としての重要なポイント
  • ネガティブコンテンツの取り扱い方法

それぞれ詳しく解説します。

事前準備としての重要なポイント

逆SEO対策を始める前に知っておくべきポイントは、まず、逆SEO対策はすぐに効果が出るものではないということです。

逆SEOの効果は、検索エンジンのアルゴリズムや競合サイトの強さによって違います。そのため、結果が出るまでに時間がかかることを覚えておきましょう。

さらに、一度効果が出てもそれがずっと続くわけではありません。効果を維持するには、サイトの管理や定期的な改善が必要です。このため、逆SEOは長期的な取り組みとなり、時間と労力がかかります。

次に、逆SEOは倫理的な問題を含むことがあります。検索エンジンのルールに違反する可能性もあり、その結果、ペナルティを受けることもあります。

ペナルティを受けると、自社のサイトの検索順位も下がり、逆効果となることも考慮しなければなりません。

逆SEOを行う際には、自社の信用や評判を守ることを最優先に考えましょう。長期的な視点で、安全で倫理的な方法を選ぶことが大切です。

ネガティブコンテンツの取り扱い方法

もしネット上に自分や自社に対してネガティブコンテンツがある場合、それを完全に削除したいと思うかもしれません。この場合、弁護士に相談するのは一つの方法です。

弁護士は、法律を使って記事の削除を依頼してくれます。

具体的には、サーバー管理者に対して「削除依頼の内容証明郵便」を送ることで、記事の削除を求めます。これを受けたサーバー管理者は、記事を書いた人に連絡を取り、記事の削除をお願いすることになります。

もし記事を書いた人が「はい」と言えば、約10日後には記事が削除されます。ただし、必ず削除されるわけではないので注意が必要です。

また、弁護士からの削除依頼によって相手が反感を持つことがあり、さらに悪い内容の記事が書かれることもあります。ですから、弁護士に依頼する際は慎重になることが大切です。

もし弁護士に頼るのが不安な場合は、逆SEO対策の専門業者に相談するのも一つの方法です。

専門業者による逆SEO対策は、悪い内容の記事が目立たなくなるようにでき、誰にも気づかれず平和的な解決ができるでしょう。

なお、行政処分や逮捕記事については、削除できる可能性があるケースや具体的な方法、注意点などを以下の記事でまとめて解説しています。お困りの方は、お読みください。

逆SEO対策の費用と料金:コストを抑える方法

逆SEO対策の費用と料金

逆SEO対策の費用と料金について解説します。

  • 逆SEO対策サービスの平均的な費用と料金相場
  • コストを抑える方法

また、コストを抑える方法についても紹介します。

逆SEO対策サービスの平均的な費用と料金相場

逆SEO対策の費用には、定額制と成果報酬型の2種類があります。

まず、定額制は毎月一定の金額を支払って、専門の業者に逆SEO対策をお願いする方法です。

定額制では、月に5万円から30万円くらいが一般的な相場です。

簡単な場合は数日から2週間程度で結果が出ることもありますが、難しい場合はもっと時間とお金がかかります。例えば、Webサイトを作ったりSNSアカウントを作成・更新したりする場合、費用がさらに増えることもあるでしょう。

成果報酬型では、ネガティブな記事が実際に検索結果で下位に表示されるようになったときにお金を支払います。

1記事あたり約10万円くらいの費用がかかることが多く、最初に着手金や固定の月額費用が必要になるケースもあります。最終的には1記事あたり15万円から20万円くらいが相場です。

逆SEO対策の費用は、依頼する内容やその難易度によって大きく変わります。

業者に依頼する前にしっかりと見積もりを確認することが大切です。逆SEO対策を考えるときには、自分の予算と相談しながら最適な方法を選びましょう。

SEO対策のコストを抑える方法と効果を上げる方法

SEO対策の費用対効果を上げるためには、費用を抑えつつ効果的な戦略を実施することが大切です。まず、費用を抑えるには以下の2つが有効です。

  • 自社でできることを増やす
  • 外注する内容を明確にする

専門のSEO対策会社に全部を任せると費用が高くなりますが、自社でもできることはたくさんあります。例えば、SEOの基礎を学んで自社のウェブサイトを改善することです。これにより、短期的には外注費用を抑えることができます。

SEO対策を外注する場合、依頼内容をしっかり決めることが重要です。省ける作業は省き、専門的な部分だけを外注しましょう。

次に、効果的な戦略を実施する方法を紹介します。

  • 最初の戦略設計をしっかり行う
  • 質の高いコンテンツを作る
  • 改善を繰り返す

SEO対策の成功には、最初にどんな戦略を立てるかが重要です。

まず、自分たちのサイトの目的や目標を明確にしましょう。適切なキーワードを選び、そのキーワードに基づいてユーザーの検索意図を満たすコンテンツを作成してください。

効果を見ながら改善することも大切で「仮説→検証→結果確認→考察」を繰り返すことで、効果を上げ続けることができます。

アクシアカンパニー逆SEO実績

逆SEO対策の対象となるネガティブ記事やコンテンツ、絶対に何とかしたいですよね。

ご安心ください。
私たちアクシアカンパニーは、創業以来、多くの逆SEO対策に取り組んできたプロです。数多くの経験とノウハウをもとに、あなたのネカティブ記事を下落させるために、全力でサポートを実施します!

また、アクシアカンパニーではあなたの現在の検索結果をもとに、無料で見積り作成を行っています。下記のフォームから、いつでも私たちへご相談ください。

今すぐWEBで無料相談

逆SEO対策の避けるべき手法と推奨されるアプローチ

逆SEO対策のアプローチ方法

逆SEOで注意すべきことは、スパムリンクを大量に送ったりウイルスに感染させるなど相手を貶める手法は絶対に避けることです。こういった手法は倫理に反するだけでなく、自社サイトがペナルティを受けるリスクもあります。

代わりに、質の高いコンテンツを作成し、適切な被リンクを得ることで、自社サイトの評価を高め、ネガティブな情報を目立たなくすることが逆SEOの正しいやり方です。これにより、企業や個人の評判を守り、信頼性を維持することができます。

ここでは、逆SEO対策の避けるべき手法と推奨されるアプローチについて、以下の項目に沿って紹介します。

  • 倫理的な逆SEO対策の具体例
  • 避けるべきリスキーな逆SEO手法

それぞれ詳しく解説します。

倫理的な逆SEO対策の具体例

倫理的な逆SEO対策には、まず、ブログやWebメディアで質の高いコンテンツを複数作成する方法があります。これにより、Googleでネガティブ記事よりも上位に表示されるようにします。

逆SEO対策を扱う会社が持つブログやメディアはSEO対策が施されているため、効果的です。自分たちでオウンドメディアを構築することも可能で、これは将来のプロモーションにも役立ちます。

次に、facebook、Instagram、X(旧Twitter)などのSNS運用も有効です。SNSマーケターが運用を担当し、新規フォロワーの獲得やシェア率の向上が期待できます。これにより、商品やサービスのPRが効果的に行え、売上増加にもつながります。

さらに、質の高い被リンクを獲得することで、サイトの評価を上げる方法もあります。

これらの方法を組み合わせて実施することで、ネガティブなコンテンツの影響を減らし、ポジティブな情報を広めることができます。

倫理的な逆SEO対策を行うことで、自社の信頼性を保ちながら、効果的にオンラインでの評価を改善することができます。

避けるべきリスキーな逆SEO手法

逆SEOにはリスキーな手法がいくつかあり、これらを使用するのは避けるべきです。

まず、低品質なサイトから大量のリンクを送る方法があります。これはスパム行為と見なされ、相手のサイトだけでなく自分のサイトも検索エンジンからペナルティを受けるリスクがあります。

次に、コピーサイトを複数作成する手法がありますが、これは著作権侵害にあたります。法的な問題を引き起こす可能性が高く、自社の信頼性も損なわれます。

また、相手のサイトにウイルスを送り込む方法も非常に危険です。これは違法行為であり、重大な法的問題を引き起こしますし、倫理的にも大きな問題があります。

さらに、DMCAを悪用して相手のサイトが著作権を侵害していると虚偽の申請を行う手法もありますが、これも法的なトラブルを招く可能性が高く、自社の信頼性を著しく損なうリスクがあります。

アクシアWEBマーケティングラボ

これらのリスキーな逆SEO手法は倫理に反するだけでなく、自社の信頼性を失い、法的な問題に巻き込まれる危険性が高まります。

正当な方法でSEO対策に専念し、これらのリスキーな手法は絶対に避けましょう。

まとめ

記事の最後に、記事の内容をまとめたので、振り返ってみましょう。

アクシアWEBマーケティングラボ

逆SEO対策の具体的な方法は以下のとおりです。

逆SEO対策の具体的な手順と方法
  1. Googleにサイトの削除申請をする
  2. 悪評を発信している管理者に削除を依頼
  3. 警察や弁護士に相談する
  4. 検索ランキングを改善するための戦略
  5. 自社サイトを上位表示させる
  6. 無料ブログや有料ブログ、Webサイト、オウンドメディアを作成する
  7. 企業や個人のSNSアカウントを作成・運用する
  8. 改善したサイトの順位を上位維持する
アクシアWEBマーケティングラボ

逆SEO対策は「定額制」「成果報酬型」の2種類があり、費用と相場は以下の値段です。

逆SEOサービスの費用と相場
  • 定額制:約5万円〜30万円 /月
  • 成果報酬型:約15万円〜20万円 /1記事
アクシアWEBマーケティングラボ

逆SEO対策を理解し、適切に対処するために今すぐすべきことは以下の3つです。

逆SEO対策で今すぐすべき3STEP
  • ドメインパワーをアップさせる
  • キーワードの適切な使用やメタデータの最適化
  • サイトの速度改善
アクシアWEBマーケティングラボ

ペナルティになるやってはいけない対処法も覚えておきましょう。

逆SEO対策でやってはいけないNG対処4つ
  1. 低品質なサイトから大量のリンクを送る
  2. コピーサイトを複数作成する
  3. ウイルスを感染させる
  4. DMCA申請を悪用する

逆SEO対策するならアクシアカンパニーにお任せください

批判的なブログやまとめサイトの記事は、検索結果から完全に削除するのは難しいケースが多いです。しかし、逆SEO対策を行えば問題の記事の順位を下げ、目立たなくすることができます。

アクシアカンパニーは逆SEO対策に強く、確かな実績をもとにお悩みを解決できます。また、ガイドラインに違反した手法は一切行いません。

ネガティブな記事にお困りの場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

今すぐWEBで無料相談

ABOUT US
アバター画像
アクシアWEBマーケティングラボ日々WEBマーケティングの探求を行なっています。
株式会社アクシアカンパニーのスタッフです。お客様の事例、ニュース、コラムなど最新のトピックを配信しています。
contact ×
お問い合わせフォームへ

お問い合わせフォームへ