自動車廃車サービス会社

SEO対策事例

SEO対策サービス事例「ペナルティ復旧/CVR改善」自動車廃車サービス会社

SEO対策事例Vol.001

独学SEO対策で高い成果を残してきた、自動車廃車サービス会社の代表E様より、「Googleの検索結果でペナルティを受けて困ってるんです・・・」という趣旨の連絡をいただいたことからスタートした施策の実例を紹介します。

SEO対策サービスのお客様

代表:Eさん

ご依頼主様

業種番号:75
事業内容:廃車サービス
本社所在:東京都下
従業員規模:5~10名
提供エリア:一都三県(関東)
成果地点:お見積もり依頼

ご契約プラン

  • SEO修正指示書(オーダーメイド)

SEOサービス料金はこちら

ご契約の目的

  • 順位回復
  • CVR改善

改善成果(指示書発行後:1ヶ月)

毎月300~400CVあった「お見積もり依頼」が35CVへ急落。SEO指示書を受け取って、サイト内の主要部分を概ね改善してから1ヶ月で、下記のような改善傾向がみえてきました。

BeforeAfter
[UU] 13,800[UU] 31,800
[CV] 35[CV] 95
[CVR] 2.5%[CVR] 3%

上の表の「Before」はSEO対策サービスをご契約する直前の一ヶ月分、「After」は指示書発行の内容を反映開始して1ヶ月経過した途中段階の簡易データです。顧客情報保護のため数値は多少丸めてあります。サイト利用者のニーズが差し迫っているケースが多いため、CVRは世間一般のサービス業系よりも高めの数値となっています。

SEO担当:半貫

ページの大部分がGoogleのガイドラインにマッチしなくなったため、お客様側で少しずつ改修をすすめており、1年半が経過した現在は「月250~300CV程度」は獲得できるようになっています。

SEO担当者が課題発見のために行ったこと

サイトが抱える問題を
発見するため
行動。

  1. ヒアリング
    過去~現在までのサイト運用歴、困っていることの確認、お客様が立てた『順位下落』を引き起こした原因についての仮説を中心に、経緯としての全体像・ご要望を細かくヒアリングさせていただきました。

    ※.SEOチェック用に「Search Console / Google Analytics」を共有していただきました。
  2. サイト診断
    お客様のWEBサイトが正常な状態かを診断。現在のGoogleガイドラインに違反するような、スパム行為や、閲覧者の体験(UX)を阻害する要素などについて多角的にチェックしました。
    1. アクセス解析(Google Analytics)
    2. パフォーマンス分析(Search Console)
    3. サイトヘルス(現:Core Web Vitals対応)
    4. セキュア環境
    5. マルチデバイス対応
    6. 構造化データ(テストツール)
    7. 各種タグの使い方
    8. コンテンツ品質
    9. スパムチェック
    10. アルゴリズム対応チェック
    11. サイト内リンク
    12. E-A-T対応
    13. その他
  3. サイト内データ整理
    本案件の場合、「一都三県×各市町村」対応のエリアページが存在したため、重複コンテンツ、各種重要タグ内テキストの類似化や未入力などを中心にチェックしました。
    1. 全ページ主要データ抽出
    2. ディレクトリ構造
    3. カテゴリ/ページマッチ
    4. アーカイブページ
    5. テンプレートパターン
    6. title/h1/Meta description…
    7. 各種タグ内テキスト
    8. ファイルリンク切れ(img/CSS/Js…)
    9. URL構成
    10. 著作物取扱い状況
    11. その他
  4. ペナルティ要因
    ヒアリング段階で、順位下落タイミングとGoogleが発表した「コンテンツ品質関連アップデート」の適用タイミングが一致したため、類似コンテンツ、ミラーサイトなど過去に流行ったSEO対策手法を重点的にチェックしました。
    1. サイト内「コンテンツ類似性」
    2. サイト内「基本ページセット有無」
    3. サイト内「過剰マークアップ有無」
    4. サイト内「その他、スパム行為」
    5. サイト外「ミラーコンテンツ有無」
    6. サイト外「コピーコンテンツ有無」
    7. サイト外「ガイドライン違反リンク有無」
    8. その他
  5. 外部サイト調査
    お客様側で複数のブログを保有、類似性が高いコンテンツ配信を実施していた背景があり、コンテンツのオリジナリティに関するSEO知識への不安から外部サイトを調査しました。
    1. 保有サイト群
    2. 保有SNSアカウント
    3. 広告等、出稿状況
    4. その他
  6. 課題抽出・整理
    ここまでの②~⑤までのステップで見えてきた課題を各SEO要素別に整理。今回のSEO対策サービス契約目的である「順位回復」「CVR改善」へ向け、順位下落の原因をまとめ、対策方針を絞り込んでいきました。
    1. インフラ要因
    2. セキュリティ要因
    3. コンテンツ要因
    4. 構造的要因
    5. SEOリテラシー要因
    6. コンバージョン導線
    7. 各種外部要因
    8. その他
  7. 状況説明/深部のヒアリング
    初回のヒアリングでは、未調査状態からのスタートであったため、流入キーワード・順位動向、CVR向上のため簡易的な競合調査も実施。更に細やかなヒアリングにより、外部からはキャッチできない原因、今後の運用で問題を繰り返しそうなSEO知識などを確認していきました。
    1. 抽出した課題点の報告
    2. 順位下落の際の詳細を更にヒアリング
    3. お客様側で実施した直近のSEO施策を確認
    4. 修正対応を前に制作スキルを確認
    5. 今後のサイト運用について
    6. その他、ご要望などをヒアリング
注意事項

本SEO対策サービス事例は、ご契約されたお客様のサイトに合わせた、各種項目をできる限り詳細に掲載していますが、課題・解決策はサイトにより異なります。

原因不明の順位変動に
困り果てていませんか?

SEO対策の専門知識や技術が足りなくて、施策を前に進められない状況は、誰にとってももったいないものです。客観的な専門家視点で、あなたのサイト改善を優しくアシストさせてください。

SEO対策サービス

主な課題点とSEO対策のアプローチ

サイトが抱える問題を
解決するための行動。

  1. SEO対策指示書発行(15営業日)
    フルオーダーメイドによる、お客様サイト専用のSEO対策指示書を発行させていただきました。
    1. サイトヘルス改善策
    2. SEO対策の適正化策
    3. コンテンツ独自性向上策
    4. CVR改善策
    5. サイト運用ルール案
    6. その他
  2. 修正作業日程確定
    SEO目的をはじめとした、指示書内容の実施~反映完了までのスケジュールを、お客様にご検討・共有していただきました。
  3. 修正実施
    本案件の場合、お客様がご自身に制作スキルがありましたので、ホームページ制作会社やシステム開発会社を介さず、セルフSEOを実施していただきました。
  4. 修正後確認
    お客様より、セルフSEO完了のご連絡をいただき、当社SEO担当者が指示書内容を正確に反映できているかの確認を実施。一部、追加と修正方法のレクチャーを行い対応完了となりました。
  5. 計測期間(1ヶ月程度)
    検索エンジンGoogleの検索結果(SERPs)上での順位回復状況をウォッチ。今回の場合、2週間経過時点より、順位下落していたキーワードの上位化を所見。CVR改善については、更に期間と調整が必要であることから、引き続き、お客様側でウォッチ。必要に応じ、指示書を依頼していただくこととなりました。
  6. プロジェクト完了

SEO対策サービス「ご契約者様の声」

お客様からのコメント

代表:E様

私は、13年前にホームページ作成を教わり、SEO対策/リスティング広告/SNS運用/MEO対策などを一人で行ってきました。寝る間を惜しんで集客をしては、自動車の廃車代行、放置車両の撤去などの作業や役所の手続きも一人でこなしてきました。

努力の甲斐あり、僅か3年ほどで、活動拠点を関東一円に5ヵ所設けることができ、対応エリアも広がり売上げは右肩上がりでした。

ところが・・・。

SEO対策で問題が発生しました。

  • 廃車×都道府県名
  • 廃車×市区町村名

上記のようなキーワードの検索結果での上位化を狙いすぎ、内容が似通ったページを乱立させてしまい、結果的に、Googleのアップデート後には上位獲得していたキーワードが壊滅状態。。。

翌月からの予約件数は悲惨な状況になりました。(さて、どうするか・・・)

慌ててSEO会社を探した

SEO一括見積もりサイトを通じて複数社の提案を受けましたが、「ペナルティを受けているからドメインから変更したほうがいいですよ!」と言われ、心が折れそうになりました。

そこで、旧知の仲・アクシアカンパニーの半貫さんへ電話。

丁寧なヒアリングをしてもらい、調査結果に納得しながら、自分自身のSEO対策手法や考え方が古いままであることに気付かせてもらいました。

ドメインを変更しないで済んだ

順位が下がって、売上げも低迷し、SEO会社からは「ドメインを変更するように」と言われてきましたが、結果的にドメインを変更するような問題ではなく、サイト内に増やし続けていた『エリア向けコンテンツの類似性』が問題であると指摘を受けました。

指示書の内容を読んでいる間、自分の頭の中でまとまっていなかったことや、知らなかった要素がちりばめられており知識のアップデートにもなりました。

1年半後の今の状況

SEO指示書を発行していただき1年半が経過。サイト運用ルールを変更し、以前のような成果がでるようになってきました。

サイト制作は、私一人で行っているので、通常業務の合間など空き時間を使っているため、どうしてもコンテンツの充実化には時間が必要で、爆発的に成果を伸ばす体制ではありません。

しかし、SEO対策指示書に記載されていた、サイト運用に関連するアイデアのお陰で、新たに『課題系キーワード』を狙うブログのようなものを始め、少しずつですがコンバージョンに繋がっています。

今後のSEO対策について

売上げが改善してきて、ECサイトのオウンドメディアで記事企画・ライティングをしていた方の採用が決まりました。(その節は、採用モデルの相談に乗っていただきありがとうございます)

そのため、本業である廃車代行・各種手続きなどの現場を体験してもらい、社内のサイト運用フローをマスターしてもらった段階で、アクシアカンパニーさんにオウンドメディア運用者養成をお願いしようと考えています。

ペナルティからは脱却できたので、今後は、お客様の課題に対して、契約する人しない人に関係なく、学びに貢献できる情報配信を心掛けていきたいと考えています。

運用者養成について

こちらのメニューは、SEO対策サービスページに記載のある『SEOインハウス化支援』のことを意図されています。

今回のSEO対策について

SEO担当:半貫

最後まで読んでいただきありがとうございました。

実は、本案件、SEO対策会社から勧められて設置した、スマホ対応サイトが裏側で重複コンテンツを生み出していたことも一因していました。代表のE様は、契約が終わったのでサイトは消えたものと勘違いしていたとのことでしたので、速やかに処置を行っていただきました。

私たち自身、正直、ペナルティの中身が何かによってはドメイン変更を推奨する場合もありますが、多くの場合、そのような必要性は無かったりもします。

SEO対策は大切ですが、閲覧者様にとって最良のコンテンツを提供し続けることにフォーカスをあてることで、検索エンジンを味方に付けることだってできます。

私たちアクシアカンパニーは、そのための必要知識や、キッカケ作りなどアドバイザリングを担当させていただくのが得意です。

SEOを含め、WEB廻りでお困りのことがございましたら、本サイト内に書いている事以外でも、お気軽にご相談ください。何か、アイデアをだせると思います。

本SEO対策サービス事例は、ご契約者様のプライバシー及び、マーケティング戦略情報漏洩防止のため組織・個人・サイト等を特定できる要素を可能な限り排除して掲載しています。

ご利用いただいたサービス

SEO対策

実践ノウハウとスキルを全ての方に

自社サイト、メディアサイトなどを検索エンジン最適化させる施策です。自社で将来SEOを内製化させたい方に最適なサービスです。

SEO対策