column

お役立ちコラム

区切り

逆SEO対策の費用は約30〜180万円!対策別の相場&事例を紹介

逆SEO対策の費用は約30〜180万円!対策別の相場&事例を紹介

逆SEO対策の費用相場が知りたい!業者に依頼するといくらかかるの?」
逆SEO対策の費用は何で決まるの?変動する要素や対策ごとの費用が知りたい」

逆SEO対策の利用を検討するときに気になる「費用」。
業者ごとに差があり、一体どれくらいの費用がかかるのか掴みにくく、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

逆SEO対策にかかる費用は、主に業者の作業費や人件費、施策を行う上で必要な経費などがメインで算出されます。

結論ですが、逆SEO対策の費用は、約30~180万円が目安です。
下記のように対策するキーワードにより相場が異なります。

対策するキーワードによる相場

上記の費用相場に差があるのは、「知名度」や「難易度」などが反映されるためです。

例えば、有名人や社長など知名度が高い対策キーワードの場合は難易度が上がるため、その分費用が高くなる傾向があります。

逆SEO対策費用を左右する3つの要素
  1. あなたの知名度
  2. 対策キーワードの難易度
  3. アンチの有無

とは言え「安いからこの逆SEO業者にしよう」と費用だけを目安に依頼すると、ネガティブ記事の順位が下がらない可能性が高いでしょう。

自分の事業や人生に悪影響のあるネガティブ記事が上位表示され続けることは、絶対に避けたいですよね。

そこでこの記事では、1ページ目のクリア化成功率85%!逆SEO対策のプロである私たちアクシアカンパニーが、下記の内容をどこよりも具体的に解説していきます。

この記事を読むと分かること
  • 逆SEO対策の費用の目安が分かる
  • 逆SEO対策の費用支払い方法である「定額型」と「成功報酬型」の違いが分かる
  • 逆SEO対策の対策方法別の費用相場が分かる
  • 逆SEO対策の事例を元に実際の費用相場が分かる
  • 逆SEO対策の費用を左右する要素が分かる

とくに事例では、私たちが実際に行った逆SEO対策を基に、かかった費用をまとめているので必見です。

この記事を最後まで読めば、逆SEO対策で何にどのくらいの費用がかかるか分かり、あなたの場合に必要な費用と対策が掴めるようになります。

風評被害記事に悩んでいる場合や、自分の企業のネガティブ記事への対策を今すぐ実施したい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐWEBで無料相談

コンテンツ目次

逆SEO対策の費用は約30〜180万円が目安!

逆SEOの費用と電卓

逆SEO対策の費用は、約30~180万円が目安です。
基本的には6ヶ月以上からの契約期間での依頼となるので、月額費用×6ヶ月を目安にしてください。

逆SEO対策の費用相場
※逆SEO対策に特化している「アクシアカンパニー」の場合の相場です。

費用相場に幅があるのは、あなたの知名度や検索結果の状況により費用が変わるためです。

また、私たちはご依頼者の方に、1ヶ月や2ヶ月の短期間で契約せず、最低でも6ヶ月程度は継続して逆SEO対策を実施することを推奨しています。

逆SEO対策の成果を維持するには、メンテナンスが必須だからです!
また、Googleなどの検索エンジンのランキングアルゴリズム(順位)の変動は不定期で行われるため、定期的な施策が必要となるためです。

私たちアクシアカンパニーの逆SEO対策では、あなたの状況にもよりますが、早くて1週間程度で成果が出たこともあります。

しかし、結果がすぐに出たからといって放置してはいけません。
再びネガティブ記事に追い抜かれるリスクは高いのです。

早速、逆SEO対策の対象ごとにどれくらいの費用がかかるのか詳しく解説します。
あなたのケースではどれくらいの費用がかかりそうか、目安にしてくださいね。

アクシアカンパニーの逆SEO対策は業界内でも低コスト!費用対効果が高い

この記事では逆SEO対策に特化している「アクシアカンパニー」の費用相場をベースにお伝えしますが、実は私たちの逆SEO費用は業界内でも価格は高いわけではありません。

業者によっては費用相場+初期費用、調査費用がかかる場合があります。
しかし、アクシアカンパニーは対策費用のみ(定額型の場合)しかかかりません。

私たちの逆SEO対策で検索結果の1ページ目からネガティブ記事をなくす成功率は、業界トップレベルの85%。
費用対効果が高いため、継続してくださるお客様も多いのです。

この記事で触れている費用は決して高い費用ではなく、業界内でも低コストの相場であることを念頭に置いて、チェックしてみてくださいね。

今すぐWEBで無料相談

個人(一般の方)の場合の費用相場は約30万円〜

知名度がそこまでない個人名での逆SEO対策は、約30万円~が費用相場です。

逆SEO対策の対象1ヶ月6ヶ月
個人5万円~30万円~

「個人名」はメディアに出ておらず、社長などの役職がついていない一般の方の氏名が該当します。例えば、中小企業に勤めている鈴木一郎さんが、「鈴木一郎」と検索したときに「誹謗中傷サイトが表示されるので順位を下げたい」と依頼するケースが対象です。

個人名は、知名度のある有名人や社長と比較すると、逆SEO施策の難易度が低い傾向があります。

  • 逆SEO対策の対象となる記事数が少ない
  • 施策中にネガティブサイトが増える可能性が少ない

という側面からも、他の施策よりも費用が抑えられます。

社長など知名度がある場合の費用相場は約90〜180万円

社長や有名人など知名度がある方の逆SEO対策は、約90~180万円が費用相場です。

逆SEO対策の対象1ヶ月6ヶ月
社長
(会社の規模:小)
15万円~90万円~
社長
(会社の規模:大)
30万円~180万円~

費用相場を左右するのは、知名度と難易度です。

逆SEO対策の対象となる社長や有名人の知名度が高いと難易度が上がるので、その分費用が高くなります。

具体的には、検索順位を下げたい記事が大手のニュースサイトやアクセス数の多い人気コンテンツの場合は、難易度が高くなります。
一方で、個人ブログの場合は、難易度が低くなる傾向があります。

一例として、私たちアクシアカンパニーにご依頼いただいた事例で、難易度が低い社長と高い社長の料金を比較しましょう。

料金比較表

難易度が低い社長は知名度が低く、順位を下げたいネガティブ記事は1記事のみでした。

一方で、難易度が高い社長は知名度が高く、順位を下げたいネガティブ記事が複数あります。中には、ニュースサイトなどドメインが強い記事も含まれていました。

難易度が低い社長では30本程度のコンテンツ作成で成果が見込めますが、難易度が高い社長では5倍の150本程度のコンテンツ作成が必要になる場合があります。

このように、知名度や難易度により作業量や施策内容が大きく変わるので費用にも影響が出てくるのです。

【芸名や別の呼び名がある場合はキーワードごとに費用が発生する】

有名人や社長の場合、本名以外に愛称や芸名を持っていることがあります。

例えば、本名「山田太郎」さんが「タロー」という芸名を持っているとしましょう。
どちらの名前で検索をしてもネガティブ記事が目に留まり逆SEO対策をしたい場合は「山田太郎」と「タロー」で2キーワード分の費用がかかります。(ディスカウント可)

逆SEO対策をしたいキーワード1つにつき、費用が発生することを念頭に置いて検討するといいでしょう。

法人名やサービス名の場合の費用相場は約120万円〜

法人名やサービス名の逆SEO対策は、120万円~が費用相場です。

逆SEO対策の対象1ヶ月6ヶ月
法人名・サービス名20万円~120万円

「株式会社〇〇」「〇〇サービス」など固有名詞はもちろん、下記のように2つのキーワードを組み合わせるケースも該当します。

  • 「〇〇株式会社 やばい」
  • 「〇〇株式会社 評判」
  • 「〇〇サービス 詐欺」
  • 「〇〇(商品名) 使えない」

例えば、「〇〇株式会社」と社名で検索をすると問題ない場合でも「〇〇株式会社 やばい」「〇〇株式会社 評判」と複合キーワードで検索した場合に、ネガティブ記事が目に留まるケースがあります。

このような場合にも、6ヶ月120万円~で逆SEO対策をすることが可能な場合があります。

補足:記事自体の削除は逆SEO対策では無理!弁護士へ依頼しよう

ネガティブ記事自体の削除は、逆SEO対策ではできません。

逆SEO対策はネガティブ記事が目に留まらないようにアプローチをする施策であり、対象記事を削除する施策ではないからです。

そもそも、ネガティブ記事の削除依頼は、本人または本人から依頼を受けた弁護士しか実施できません。
弁護士以外の代行業者が報酬を得て削除依頼をすることは、違法行為なのです。

  • 〇〇(氏名) 逮捕歴
  • 〇〇(氏名)違反

などのキーワードで検索した際に、どうしてもネガティブ記事自体を削除したい場合は弁護士に依頼するようにしてください(依頼範囲により弁護士費用が発生します)。

ただし、弁護士に依頼しても、下記のような場合は削除対応ができません。

  • 削除したい記事の内容が事実であるケース
  • 削除したい記事の運営者が削除したくないケース

このような場合は、逆SEO対策を実施して、ネガティブ記事が目に留まらないようにすることが得策でしょう。

逆SEO対策費用には定額型と成功報酬型の2パターンがある

検索結果のグラフ

実際に逆SEO対策業者に費用を支払うときには、どのようなパターンがあるのでしょうか?

逆SEO対策業者に費用を支払うときには「定額型」と「成果報酬型」の2パターンがあります。
一例として、アクシアカンパニーの「定額型」と「成果報酬型」の費用体系は下記のとおりです。

支払い方法費用の内訳
定額型成果の有無問わず毎月一定の費用を支払う方法
初期費用:なし
着手金:なし
月額の固定費のみ発生
成功報酬型契約時に約束した成果が出た場合に報酬を支払う方法
初期費用:なし
着手金:定額の2ヶ月
月額の固定費:定額費用の1.5倍
成功報酬:なし

※依頼先により初期費用や着手金がかかることがあります。

逆SEO対策業者によっては初期費用(難易度や知名度などを分析するためのリサーチ費用など)がかかることがありますが、アクシアカンパニーでは無料です。

また、アクシアカンパニーでは、下記の2つの理由から「成功報酬型」は基本的におすすめしていません。

「成功報酬型」をおすすめしない理由
  • 逆SEO対策の成果を維持できない
  • 成果報酬型は長期的に契約すると割高になる

1つ目の理由は、成果報酬型では定期的なメンテナンスや維持管理ができず、逆SEO対策の成果を維持できないからです。

逆SEO対策で成果が出ても、ネガティブ記事が再度上位表示されるリスクがあるため、絶え間ないコンテンツのリライトや更新は必須です。

しかし、逆SEO対策業者が手掛けたコンテンツの中で自己メンテナンスができるものは、少ないです。また、自己メンテナンスができたとしてもなかなか取り組めず、放置してしまう方も多くいます。

中途半端なタイミングで逆SEO対策を辞めてしまうと本末転倒なので、継続することを前提として契約すべきでしょう。

2つ目の理由は、成果報酬型で長期的な契約をすると割高になるからです。

一例として、法人名の逆SEO対策を6ヶ月した場合の費用を比較すると、成功報酬型のほうが100万円も高くなります。

法人名の逆SEO対策を6ヶ月した場合の費用比較

支払い方法費用の内訳合計費用
定額型初期費用:なし
着手金:なし
月額の固定費:20万円×6ヶ月
120万円
成功報酬型初期費用:なし
着手金:20万円×2ヶ月
月額の固定費::20万円×6ヶ月×1.5倍
成功報酬:なし
220万円
※アクシアカンパニーの場合

施策の成果と費用の双方から見て、「定額型」を選択することをおすすめします。

アクシアカンパニー逆SEO実績

逆SEO対策の対象となるネガティブ記事やコンテンツ、絶対に何とかしたいですよね。

ご安心ください。
私たちアクシアカンパニーは、創業以来、多くの逆SEO対策に取り組んできたプロです。数多くの経験とノウハウをもとに、あなたのネカティブ記事を下落させるために、全力でサポートを実施します!

また、アクシアカンパニーではあなたの現在の検索結果をもとに、無料で見積り作成を行っています。下記のフォームから、いつでも私たちへご相談ください。

今すぐWEBで無料相談

【対策別】逆SEO対策の費用相場一覧

インターネット上での検索

ここからは、逆SEO対策ごとにどれくらいの費用がかかるのか見ていきましょう。

逆SEO対策は逆SEO業者が対策キーワードに応じた対策を選定し、複数の対策を組み合わせながら実施することが一般的です。

しかし、どの対策にどれくらいの費用がかかるのか把握できていないと、費用が妥当なのか判断できません。

逆SEO業者の費用相場が妥当なのかチェックするためにも、対策ごとの費用相場を理解しておきましょう。

逆SEO対策項目費用相場
必須
良質なブログ・Webコンテンツの作成
月額5万円〜
(6ヶ月:30万円~)
必須
外部サイトへの露出
月額10〜15万円~
(6ヶ月:60~90万円~)
SNS施策月額3.5万円~
(6ヶ月:21万円~)
自社サイトの改善約20万円(1度のみ発生)
メンテナンス・維持費用定額費用の半額程度

POINT!
私たちアクシアカンパニーでは、「外部サイトへの露出」と「良質なブログ・Webコンテンツの作成」がセットで月額10〜15万円です。

アクシアカンパニーでは今まで積み上げてきた複数の自社コンテンツと提携先のコンテンツ、そして新規コンテンツを組み合わせて戦略的に逆SEO対策を展開します。

そのため、「外部サイトへの露出」と「良質なブログ・Webコンテンツの作成」のどちらを行うのではなく、両者をセットにして月額10〜15万円で提供しています。

他者ではコンテンツ作成費用と外部サイトへの発信費用が別でかかる場合もあるので、成果にコミットしながらも非常にお得な価格となっています。

良質なブログ・Webコンテンツの作成は月額5万円〜

【良質なブログ・Webコンテンツの作成】

費用月額5万円~
逆SEO対策の概要対策キーワードに沿った優良なブログ・Webコンテンツを作成する

逆SEO対策の主要な対策となる優良なブログ・Webコンテンツの作成は、月額5万円~が費用相場です。

逆SEO対策では検索者のニーズを理解したうえで対策キーワードに沿った優良なコンテンツを作成し、上位表示を目指します。

ただ闇雲にブログやWebコンテンツを作成してもネガティブ記事の順位下落につなげることは難しいため、逆SEOの知識やコンテンツ作成のノウハウが求められます。

優良なブログ・Webコンテンツの一例
  • キーワードに沿って新しい個人ブログを立ち上げて更新する
  • SEO業者が運営しているサイトに優良な記事を掲載する

例えば、法人名の逆SEO対策をする場合は、企業の採用コンテンツや広報ページなどを立ち上げて、対策キーワードに沿った優良コンテンツを作成します。

外部サイトへの露出は月額10〜15万円~

【外部サイトへの露出】

費用月額10〜15万円~
逆SEO対策の概要個人名や企業名でSNSアカウントを作成し上位表示を狙う

外部サイトへの露出とは、インタビューサイトや企業紹介サイトなどの優良サイトに露出して良質な記事を上位表示させる手法です。
月額10~15万円程度の費用がかかります。

すでにドメインの強いサイトを活用し、個人や企業の情報を発信することで、ネガティブ記事の順位を下げて優良な記事を上位表示させます。

露出する外部サイトの一例
  • インタビューサイト
  • プロフィールサイト
  • 企業紹介サイト
  • 就職や転職サイト
  • ニュースサイト

例えば、社長の個人名の逆SEO対策をする場合、社長の実績やプロフィール、人柄などをまとめたプロフィールサイト、社長の事業に対する思いをまとめたインタビューサイトなどに積極的に露出することで、ネガティブ記事の順位を下落させます。

SNS施策は月額3.5万円~

【SNS施策】

費用月額3.5万円~
逆SEO対策の概要個人名や企業名でSNSアカウントを作成し上位表示を狙う

逆SEO対策でSNS施策をする場合は、月額3.5万円~が費用相場です。

個人名や企業名でSNSを立ち上げ、SNSのアカウントを上位表示することでネガティブ記事の順位を下落させます。

逆SEO対策で作成できるSNSの一例
  • X(旧Twitter)
  • Instagram
  • LinkedIn

SNSのアカウントを取得していない場合は、取得するところから代行することも可能です。

自社サイトの改善は約20万円(1度のみ発生)

自社サイトの改善

費用約20万円(1回のみ)
逆SEO対策の概要自社サイト・個人サイトの検索順位をあげてネガティブ記事の順位を下落させる

逆SEO対策で自社サイトの改善をする場合は、1度のみ20万円程度かかります。

自社サイトや個人サイトの検索結果の順位が低い場合、自社サイトを上位表示できればネガティブ記事の順位が下がります。

自社サイトの状態にもよりますが、下記のような改善を行います。

自社サイトの改善の一例
  • Googleに正しく認識してもらうためにソースコードやキーワードを見直す(内部最適化)
  • ガイドライン違反をしている部分がある場合は修正する
  • コンテンツの見直しやリライトをする

自社サイトの改善で、とくに大切なのは内部最適化です。

内部最適化とは、指定したキーワードで上位表示されるように、サイト内のソースコードやキーワードなどを見直す施策です。

ソースコードの見直しを行いGoogleに適切に評価されるようになれば、検索順位が上昇する可能性があります。

また、自社サイトや個人サイトは正確な情報が記載されているので、逆SEO対策と併せてユーザーに伝えたい情報を伝えられるようになるメリットもあります。

メンテナンス・維持費用は定額費用の半額程度

メンテナンス・維持

費用定額費用の半額程度(月額)
逆SEO対策の概要メンテナンスや更新をして逆SEO対策の成果を維持する
(新規コンテンツの作成は費用外)

逆SEO対策のメンテナンス・維持費用は、定額費用の半額程度です。

例えば、法人名やサービス名の逆SEO対策の場合は、定額費用の半額に当たる月額10万円程度がかかります。

逆SEO対策は一度施策を実施して、ある程度成果が出た時点で終わりではありません。
定期的にリライトや更新を行い、現在の順位を維持する施策を行う必要があります。

仮に、リライトや更新を怠り作成した記事を放置するとGoogleがデータベースに登録しなくてもいいと判断し、順位が下がることが考えられます。

逆SEO対策の成果を維持してネガティブ記事を上位表示させないためにも、定期的なメンテナンスを継続することが大切です。

今すぐWEBで無料相談

【実際にどれくらいかかる?】逆SEO対策の費用事例を紹介!

対策内容を考える社員

ここでは、私たちアクシアカンパニーが実際に逆SEO対策を実施したときの費用相場をご紹介します。

どのような逆SEO対策を実施するとどれくらいの費用がかかるのか把握できるので、あなたのケースの費用相場を掴む参考にしてみてください。

逆SEO対策の事例実際にかかった費用
合同会社の社長個人名の逆SEO対策事例月額15万円
大手株式会社の社長個人名の逆SEO対策事例月額30万円
法人名の逆SEO対策事例月額20万円程度

合同会社の社長個人名の逆SEO対策事例

相談内容個人名で検索したときの風評被害サイトの順位を下げたい
費用月額15万円×9ヶ月
(現在は維持プランを契約継続中)
逆SEO対策内容・自社メディアを中心にAさんの個人名を使用した良質なコンテンツを作成する
・Aさんの個人名を使用したSNSアカウントの作成
成果対象となる記事の表示順位を大幅に下げることができた
(Aさんの個人名で検索してもすぐに目に留まらない)

合同会社の社長Aさんは、個人名でWeb検索すると上位2、3番目に「Aさんは怪しい」という趣旨の批判的な記事が目に留まることに悩んでいました。

そこで、アクシアカンパニーに対象記事(1記事)の順位を下げるご依頼をいただきました。

アクシアカンパニーでは独自のノウハウや調査をもとに、下記のような逆SEO対策を実施しました。

アクシアカンパニーが実施した逆SEO対策
  1. 複数の自社メディアやブログを中心にAさんのプラスになる良質な記事を30記事程度を作成(例:Aさんの実績や会社を紹介する記事・Aさんの経歴やプロフィールを紹介する記事など)
  2. AさんのSNSアカウントの開設代行
  3. 上位表示できるサイトのリストを多数保有しているので戦略的な逆SEO対策を実施

自社運営している複数の独自メディアに、Aさんにとってプラスとなる記事を30記事程度作成しました。同時にAさんのSNSアカウントの開設代行なども行い、戦略的に逆SEO対策を進めました。

その結果、施策を開始してから2ヶ月程度で、Aさんが気になっていた風評被害サイトの順位は下落しました!

社長個人名の逆SEO対策事例の検索結果

その後もメンテナンスを継続しているので、風評被害サイトの順位が上がることなく現在も順位が下落した状態を維持できています。

大手株式会社の社長個人名の逆SEO対策事例

相談内容個人名で検索したときに3ページ以内に表示される風評被害サイトの順位を下げたい
費用月額30万円
逆SEO対策内容・自社メディアや提携メディアを中心にBさんの個人名を使用した良質なコンテンツを作成する
・Bさんの個人名を使用したSNSアカウントやニュースページの作成
成果対象となる記事が3ページ目までに表示されなくなった
(Bさんの個人名で検索してもすぐに目に留まらない)

大手株式会社の社長Bさんからは、個人名でWeb検索したときに1ページ目に表示される風評被害サイトの順位を下げたいとご依頼をいただきました。

検索数が多い、ニュース記事などドメインが強い記事が多いなどの背景を踏まえて、アクシアカンパニーでは150記事程度の記事を作成。徹底的に逆SEO対策を実施しました。

アクシアカンパニーが実施した逆SEO対策
  1. 複数の自社メディアや提携メディアを中心にBさんのプラスになる良質な記事を150記事作成(例:Bさんの実績や会社を紹介する記事・Bさんの経歴やプロフィールを紹介する記事など)
  2. BさんのSNSアカウントの開設代行

その結果、Bさんが気にしていた記事の順位が大幅に下落し、3ページ目までに表示されなくなりました!

現時点でも逆SEOの対象となっていた記事の順位は下落したままで、大企業の社長名を対象とした逆SEO対策でもしっかりと成果をあげています。

法人名の逆SEO対策事例

相談内容「法人名 やばい」で検索したときに1ページ目に表示されるネガティブ記事の順位を下げたい
費用月額20万円程度
逆SEO対策内容・複数の自社メディアや提携メディアを中心にプラスになる良質な記事を作成
成果ネガティブ記事がほぼ1ページ目に表示されなくなった

金融商品を扱っている株式会社C社はサジェストワードに「やばい」と入力したときに、1ページ目からネガティブ記事が大量に表示されることに困っていました。

そこで、ネガティブ記事の順位を下げたいとアクシアカンパニーにご依頼をいただきました。

アクシアカンパニーでは検索キーワードに沿った最適なコンテンツを作成する知識があるので、正しいニーズを把握しながら良質なコンテンツ作成を行いました。

アクシアカンパニーが実施した逆SEO対策
  • 複数の自社メディアや提携メディアを中心にプラスになる良質な記事を作成(例:企業の事業内容や良質な口コミを集めた記事・企業の実績やいい評判をまとめた記事など)

その結果、「法人名 やばい」で検索をしても1ページ目にあったネガティブ記事はほぼ表示されなくなりました。

会社名の逆SEO対策事例の検索結果

現状維持もできており、課題であったネガティブ記事の順位を下落させることに成功しています。

このように、私たちアクシアカンパニーでは今まで培ってきた実績やノウハウをもとに、複数の手法を組み合わせた独自の逆SEO対策を実施しています。

事例を見ても分かるようにしっかりと成果を出しており、1ページ目のクリア化成功率85%と圧倒的な逆SEO対策の実績を誇っています。

今回ご紹介した事例以外の実績は、下記のサイトでまとめています。
「12日間で成果達成した個人名の逆SEO対策事例」や「Googleサジェストの非表示に成功した事例」などにも触れているので参考にしてみてください。

アクシアカンパニーの逆SEO事例

アクシアカンパニーでは逆SEO対策のお見積りが無料

アクシアカンパニーで取り組んだ逆SEO対策の事例を見て「こんなに成果が出るなら逆SEO対策に取り組みたい」と感じた方も多いのではないでしょうか。

私たちアクシアカンパニーは、逆SEO対策の成果を求め続けている企業です。

だからこそ、あなたの悩みや課題に応じた適切な施策を実施し、逆SEO対策を成功に導くサポートを実施します。

また、アクシアカンパニーでは無料でWeb・電話相談・お見積りを行っています。「逆SEO対策の具体的な費用が知りたい」「自分のケースでも逆SEO対策ができるのか気になる」という場合は、お気軽にお問い合わせください。

今すぐWEBで無料相談

逆SEO対策の費用を左右する3つの要素

費用

ここでは、逆SEO対策の費用を左右する3つの要素をご紹介します。

逆SEO対策の費用は約30〜180万円が目安!」でも触れましたが、逆SEO対策の費用はこの3つの要素により上下します。

逆SEO対策費用を左右する3つの要素
  1. あなたの知名度
  2. 対策キーワードの難易度
  3. アンチの有無

費用がかかりやすいケースや費用が抑えられるケースが分かるので、参考にしてみてください。

あなたの知名度

1つ目は、あなたの知名度です。

知名度があると検索ボリュームが多く、上位コンテンツのドメインパワーが強い傾向があります。知名度がある=難易度も上がるので、必然的に費用が高くなります。

例えば、一般の方の氏名と企業名での知名度を比較すると、企業名のほうが広く知られているので難易度が上がりますよね。

また、上位コンテンツにニュースサイトや有名情報サイトなどがあると、追い抜くことが難しく、こちらも逆SEOの難易度が高くなります。

知名度が高いと難易度が上がる理由
  • 検索ボリュームが多く上位コンテンツのドメインパワーが強い傾向がある
  • 上位表示を目指す競合サイトが多く様々な施策が必要になる
  • アンチ対策が必要になるケースがある(「アンチの有無」をご参考ください)

知名度があればあるほど逆SEOに費やす時間や工程が増え、様々な施策を実施する必要があるのです。

対策キーワードの難易度

2つ目は、逆SEO対策を実施するキーワードの難易度です。

例えば「山田太郎」という対策キーワードで検索をしたときに、検索結果にどのような記事・コンテンツが表示されるかによって難易度が変わります。

難易度を左右する要素は多岐に渡りますが、一例として下記のような要素があります。

難易度を左右する要素
  • ネガティブ記事のドメインの強さ(大手サイト・個人ブログなど)
  • ネガティブ記事の本数
  • ネガティブ記事の表示順位

対策キーワードのネガティブ記事が多ければ多いほど様々な施策が必要なので、難易度が上がります。

また、ネガティブ記事が大手ニュースサイト・大手メディアなどでドメインが強い場合も、難易度が上がります。

アンチの有無

3つ目は、あなたにアンチがいるかどうかです。

有名人や著名な企業の場合、どのようなことにも批判的な態度を示す「アンチ」がついていることがあります。

アンチがいると逆SEO対策の記事が増えたときに「いい評価の記事が増えていておかしい」と批判的な行動を起こすリスクがあります。

万が一、アンチが逆SEO対策の邪魔をしてきた場合には、別途アンチ対策が必要です。アンチ対策は追加費用となることが一般的なので、費用がかかる要因になります。

逆SEO対策はただ費用が安い業者に依頼しても失敗するリスクが高い!

検索結果を見る男性

ここまで、逆SEO対策の具体的な費用について詳しく解説してきました。

逆SEO対策でしっかりと成果を出すにはどうしても30〜180万円程度かかるので「少しでもコストを抑えたい」と感じた方もいるでしょう。

しかし、費用だけで逆SEO対策業者を選択することは、失敗するリスクが高くおすすめできません。

低価格の逆SEO対策では、メンテナンス・維持まで念頭に置いた施策を行ってくれません。
一時的に結果は出ても、すぐにネガティブ記事の順位が元に戻ってしまい、失敗するリスクがあります。

また、低価格な逆SEO業者の中には、Googleのガイドラインに反する方法を使い、とにかくネガティブ記事の順位だけを下げようとするケースも見受けられます。

ガイドラインに違反した施策例

Googleのガイドラインに反する方法を使うとペナルティ対象になる可能性があり、最悪の場合はGoogle検索にサイト自体が表示されなくなります。

つまり、一時的には逆SEO対策によりネガティブ記事の順位が下落しても、後日自社メディアがペナルティを受けてGoogle検索に表示されなくなる可能性があるのです。

このように、逆SEO対策業者を「費用のみ」で選択すると、思わぬ失敗につながり後悔する原因になります。逆SEO業者を選ぶうえで費用も1つのチェックポイントではありますが

  • 逆SEO対策に確かな実績がある
  • 逆SEO対策に特化した業者である
  • 逆SEO対策に関する独自のノウハウを持っている

など、確かな実績やノウハウがあり成果につながる施策ができる逆SEO業者を選ぶことが大切です。

1ページ目クリア化成功率85%!逆SEO対策は業界トップレベルの実績があるアクシアカンパニーにお任せください

新ホームページトップ

逆SEO対策は、業界トップレベルの実績がある「アクシアカンパニー」にお任せください。
逆SEO対策の相談数は1,000件を超えており、確かな実績を残しています。

ここでは、アクシアカンパニーの逆SEO対策の強みを分かりやすくご紹介します。

アクシアカンパニーの強み
  • 1ページ目クリア化成功率85%!圧倒的な逆SEO対策の実績を誇る
  • 逆SEO対策に必須!強力な自社メディアを複数保有・運営している
  • 成果達成で終わらない!メンテナンスも含めて再発リスクを最大限下げ続ける

1ページ目クリア化成功率85%!圧倒的な逆SEO対策の実績を誇る

アクシアカンパニーは、成功率が非常に高いところが大きな強みです。

検索結果の1ページ目からネガティブ記事をなくす成功率は、業界トップレベルの85%。確かな調査力と検索ワードに応じた良質なコンテンツで、しっかりと成果につなげます。

アクシアカンパニーの成果率

また、アクシアカンパニーは、施策を開始してから成果が出るまでの期間が短いところもポイント。

個人名の場合は最短1週間、難易度が高い法人名・サービス名であっても、3ヶ月〜9ヶ月程度で逆SEOの成果を実感できます。

逆SEO対策の対象効果が出る期間
個人
例:「個人名」で検索したときの風潮被害サイトの順位を下げたい
最短1週間前後
社長(会社の規模:小)
例:「社長名」で検索したときに1ページ目に表示されるネガティブ記事の順位を下げたい
2ヶ月~
社長(会社の規模:大)
例:「社長名」で検索したときのネガティブ記事の順位を下げたい
6ヶ月~
法人名・サービス名
例:「株式会社〇〇」で検索したときのネガティブ記事の順位を下げたい
3〜9ヶ月~
※状況により変動することがあります。
※短期間で成果が出ますがメンテナンス・維持の側面から基本的には6ヶ月間契約です。

「いち早くネガティブ記事の順位を下落させたい」「自社のイメージダウンを避けたい」など深刻なお悩みに寄り添い、短期間で成果につながる逆SEO対策を実施します。

逆SEO対策に必須!強力な自社メディアを複数保有・運営している

逆SEO対策を成功させるためには、ドメインパワーのある優良なメディア・コンテンツに対策キーワードに応じた記事を掲載することが大切です。

私たちアクシアカンパニーでは、検索ニーズに合う下記のようなコンテンツを複数運営しています。対策キーワードに応じてメディアを使い分け、上位表示を目指します。

自社メディア一覧

また、自社運営メディアに留まらず他社メディアとも連携し、複数のメディアに優良な記事を掲載できる環境を整えています。

施策用他社メディア一覧

逆SEO対策のためにメディアを立ち上げコンテンツ作成をすると、上位表示までにどうしても時間を要します。

アクシアカンパニーでは逆SEOのために作ったPRメディアやブログをフル活用しながら、効率よく優良な記事の上位表示を目指します。

成果達成で終わらない!メンテナンスも含めて再発リスクを最大限下げ続ける

アクシアカンパニーは今まで培ってきた実績やノウハウをもとに、複数の手法を組み合わせた独自の逆SEO対策を実施しています。

成果を達成できたら終わりではなく、下記のように逆SEO対策ごとにスケジュールを組み、メンテナンスも含めて戦略的に取り組みます。

アクシアカンパニーの逆SEO対策スケジュールの一例

1ヶ月目ヒアリングシートを作成して対策キーワードの調査を実施する
・どのような対策が必要なのか
・ユーザーが求めている情報は何か など
2ヶ月目逆SEO対策のためのオリジナル記事の作成・公開
順位チェック
その他記事作成などの対策を行う
3ヶ月目以降~公開した記事の順位を確認しながら更新・リライトを実施
成果状況によって追加ヒアリング・別ページの作成を実施
成果達成後成果達成状況を維持するために日々の順位チェック
記事の更新・メンテナンス作業

逆SEO対策では検索エンジンのランキングアルゴリズムや意図を正確に理解し、ユーザーが知りたい情報を取り入れたオリジナルコンテンツを作成します。

成果を達成したらその後のメンテナンス作業を怠ることなく実施し、自社で作成した記事の順位を維持するメンテナンス作業を実施。

ネガティブ記事が再度上位表示されることがないように、再発防止を視野に入れた逆SEO対策を行っているところも大きな強みです。

逆SEO対策の対象となる記事やコンテンツ、絶対に何とかしたいですよね。

ご安心ください。
私たちアクシアカンパニーは、創業以来、多くの逆SEO対策に取り組んできたプロです。数多くの経験とノウハウをもとに、あなたのネカティブ記事を下落させるために、全力でサポートを実施します!

また、アクシアカンパニーではあなたの現在の検索結果をもとに、無料で見積り作成を行っています。下記のフォームから、いつでも私たちへご相談ください。

今すぐWEBで無料相談

まとめ

今回は、逆SEO対策の費用について詳しく解説しました。最後まで読み、逆SEO対策をするとどれくらいの費用がかかるのかイメージできるようになったかと思います。

最後に、この記事の内容を簡単に振り返ってみましょう。

逆SEO対策の費用は、約30~180万円が目安。対策キーワードごとの費用相場は下記のとおり。

逆SEO対策の対象1ヶ月の場合6ヶ月の場合
個人
例:高木一郎などの個人名
5万円~30万円~
社長(会社の規模:小)
例:中小企業や合同会社の社長名
15万円~90万円~
社長(会社の規模:大)
例:株式会社の社長名
30万円~180万円~
法人名・サービス名
例:株式会社〇〇・投資サービス〇〇などの固有名詞
20万円~120万円~

逆SEO対策費用には定額型と成功報酬型の2パターンがあるが定額型のほうがおすすめ
逆SEO対策の対策ごとの費用相場は下記のとおり。

逆SEO対策項目費用相場
良質なブログ・Webコンテンツの作成月額5万円〜
(6ヶ月:30万円~)
外部サイトへの露出月額10〜15万円~
(6ヶ月:60~90万円~)
SNS施策月額3.5万円~
(6ヶ月:21万円~)
自社サイトの改善約20万円(1度のみ発生)
メンテナンス・維持費用定額費用の半額程度

逆SEO対策は適正な費用であることを確認することはもちろん、実績やノウハウを持ち合わせており成果につながる逆SEO業者に依頼することが大切です。

逆SEO対策を検討している場合は、成功率が高く実績が豊富な私たちアクシアカンパニーにお気軽にご相談ください。

ABOUT US
アバター画像
アクシアWEBマーケティングラボ日々WEBマーケティングの探求を行なっています。
株式会社アクシアカンパニーのスタッフです。お客様の事例、ニュース、コラムなど最新のトピックを配信しています。
contact ×
お問い合わせフォームへ

お問い合わせフォームへ