column

お役立ちコラム

区切り

誹謗中傷はどこから罪に?訴えられる基準や法律、対策方法とは

誹謗中傷はどこから罪に?訴えられる基準や法律、対策方法とは

「誹謗中傷はどこから罪になるのか、法律を含め詳しく知りたい」
「誹謗中傷は警察に相談できるか知りたい」
「誹謗中傷はどのレベルで訴えられるかや、対策方法について学びたい」

自社に対する誹謗中傷や批判的な記事に困っている経営者や担当者は多いのではないでしょうか。検索結果にネガティブな情報が表示されると、企業のイメージに大きな影響を与えることがあります。

現代はストレス社会であり、企業はもちろん、SNSで発信をしている個人にも誹謗中傷の被害が広がっています。誹謗中傷は完全に削除するのは難しいケースも多く、専門家や弁護士などへの相談をおすすめします。

本記事では、誹謗中傷がどこから罪に問われるのか、具体的な基準や関連する法律について詳しく解説します。

また、誹謗中傷に対する効果的な対策方法や基本的な知識、具体的な手法についても紹介します。

アクシアWEBマーケティングラボ

これを読むことで、自社の評判を守るための実践的な知識を得られるでしょう。

今すぐWEBで無料相談

コンテンツ目次

誹謗中傷の意味と法律

誹謗中傷とは

誹謗中傷は、インターネットが発展した現代で社会問題となっている悪質な行動のひとつです。

誹謗中傷被害に遭うと、ブランドイメージが下がったり、与信に影響が出たりすることがあります。SNSでは「リツイート」などで情報がすぐに拡散し、過激な内容は特に大きな被害に発展しやすいです。

法律には「誹謗中傷罪」というものは存在しません。しかし、誹謗中傷の行為に対しては、いくつかの犯罪が適用されます。

  • 名誉毀損罪
  • 侮辱罪
  • 脅迫罪
  • 偽計業務妨害罪
  • 威力業務妨害罪

誹謗中傷とはどんな意味?簡単に説明

誹謗中傷とはどんな意味?

誹謗中傷とは、特定の人物や組織に対して、侮辱や嫌がらせ、デマ情報、嘘などを使って名誉や人格を傷つける行為です。

誹謗中傷の対象は個人だけでなく法人も含まれ、著名人や一般人も関係なく誰でも被害を受ける可能性があります。

誹謗中傷が原因でネット炎上や訴訟に発展するケースもあり、正しい知識を持つことが重要です。特にSNSを利用する人や企業は、誹謗中傷が身近な問題であることを理解する必要があります。

誹謗中傷は「誹謗」と「中傷」の二つの言葉を合わせたもので、それぞれに意味の違いがあります。誹謗は相手の悪口を言うこと、中傷は根拠のないことで相手の名誉を傷つけることです。

例えば、「ブス」や「デブ」というのは誹謗であり、「浮気している」や「詐欺師だ」というのは中傷にあたります。どちらも相手の名誉を侵害し、法律上の問題となる可能性があるでしょう。

誹謗中傷は法律でどう定義されている?

六法全書

誹謗中傷は法律で刑法上、民事上の誹謗中傷の定義として2パターンで解説できます。

刑法上

刑法上、誹謗中傷が該当し得る罪はその内容によって異なります。
例えば、名誉毀損罪とは、公然と事実を示して人の名誉を傷つける行為であり、TwitterやYouTubeのコメント欄で「A氏は不倫して注目された」といった発言がこれに該当します。

また、侮辱罪とは事実を示さなくても、公然と人を侮辱する行為です。例えば、「A氏は見苦しいから消えてほしい」といった発言が該当します。

民事上

一方、民事上では誹謗中傷が定義されているわけではありませんが、損害賠償請求ができる場合があります。名誉権とは名誉を侵害されない権利であり、例えば「この人は覚醒剤を使っている」という書き込みは名誉権を侵害し、損害賠償請求が認められる可能性があります。

また、名誉感情とは自尊心やプライドのことで、たとえ社会的評価が低下しなくても名誉感情が傷つけられた場合、損害賠償請求が認められる場合もあるようです。

このように、刑法上と民事上では誹謗中傷がどのように扱われるかが異なります。

誹謗中傷が罪になる場合の基準

訴状

誹謗中傷が罪になる場合の基準は以下の4つです。

  1. 名誉毀損罪の基準
  2. 侮辱罪の基準
  3. 業務妨害罪の基準
  4. 脅迫罪の基準

①名誉毀損罪の基準

名誉毀損とは、他人の名誉を傷つける行為のことです。

刑法230条では「公然と事実を示して他人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」と定められています。

インターネット上の書き込みが名誉毀損罪になるためには、まず「公然」に書き込みがされていることが必要です。「公然」とは、SNSや掲示板など、不特定多数の人が見られる場所に書き込むことを意味します。

次に、「事実を摘示」した書き込みであることが必要です。これは、被害者の社会的評価を低下させる具体的事実を指摘することを意味します。

さらに、その書き込みが「名誉を毀損」するものであることが必要です。例えば、「A社はブラック企業だ」など、具体的な事実を示して相手の評判を下げるような書き込みは名誉毀損罪に該当します。

なお、名誉毀損罪は実際に社会的評価が低下しなくても成立します。書き込みによって社会的評価が低下する危険性がある場合、名誉毀損罪は成立します。

②侮辱罪の基準

侮辱罪の成立要件は、「公然」と「人」を「侮辱」することです。

刑法第231条によると、侮辱罪は「事実を示さなくても、公然と人を侮辱した者は、1年以下の懲役若しくは禁錮、30万円以下の罰金、拘留、または科料に処する」と規定されています。

「公然」とは、不特定多数の人が知り得る状態のことを意味します。たとえば、SNSの公開コメント欄や掲示板などに書き込む行為が該当します。

「人」には、個人だけでなく団体や会社も含まれます。「侮辱」とは、事実の有無にかかわらず、相手を抽象的に悪く言うことです。

名誉毀損罪と異なり、侮辱罪は事実の摘示が不要で、「ブス」「バカ」「キモイ」「無能」など、主観的な悪口を書き込むことが侮辱罪に該当します。

侮辱罪の法定刑は、1年以下の懲役、1年以下の禁錮、30万円以下の罰金、拘留、または科料のいずれかです。

③業務妨害罪の基準

業務妨害罪には「偽計業務妨害罪」と「威力業務妨害罪」の2種類あります。偽計業務妨害罪は刑法第233条に、威力業務妨害罪は刑法第234条に規定されています。

偽計業務妨害罪は「虚偽の情報を流したり、騙しの手段を使って他人の信用を傷つけたり、その業務を妨害した場合」に成立する罪です。たとえば、嘘の情報をネットに流してお店の評判を落とす行為がこれに当たります。

一方、威力業務妨害罪は「威力を使って他人の業務を妨害した場合」に成立する罪です。「威力」とは、暴力や大声での威嚇などを指します。例えば、インターネット上での脅迫行為や、大勢での嫌がらせ投稿が該当します。

どちらも、刑罰は「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」です。

このように、偽計業務妨害罪は嘘や騙しの手段を、威力業務妨害罪は力や威圧を使うことが基準となります。

④脅迫罪の基準

脅迫罪は刑法第222条に定められており、人を脅すことで成立する罪です。具体的には、本人または親族の生命・身体・自由・名誉・財産に害を加えると告げる行為が該当し、「お前を殺す」や「家族に危害を加える」といった発言がこれに当たります。

脅迫の方法には制限がなく、口頭や書面だけでなく、態度でも成立します。大事なのは、その告知が一般人が恐れる内容であれば良いことで、被害者が実際に怖がるかどうかは関係ありません。たとえば、SNSで「自宅を特定して殺す」と書かれても、被害者が安全にアカウントを運用している場合、怖がらなくても脅迫罪が成立します。

脅迫罪の対象は、被害者本人とその親族です。親族とは、民法で定められた6親等以内の血族や配偶者、3親等以内の姻族を指します。脅迫罪の刑罰は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金です。

今すぐWEBで無料相談

誹謗中傷に含まれる例文を紹介

誹謗中傷に含まれる例文

誹謗中傷に含まれる例文を5パターン紹介します。

  • 名誉毀損になる誹謗中傷例文
  • 侮辱になる誹謗中傷例文
  • 信用毀損になる誹謗中傷例文
  • プライバシー侵害になる誹謗中傷例文
  • 脅迫になる誹謗中傷例文

名誉毀損になる誹謗中傷例文

名誉毀損になる誹謗中傷の例文は以下の5つです。

名誉毀損になる誹謗中傷例文
  • 「Dさんは職場の金を横領して豪遊しているらしい」という根拠のない噂をSNSで拡散した。
  • 「E店のシェフは衛生管理を無視して、床に落ちた食材を使い回している」という虚偽の情報を口コミサイトに投稿した。
  • 「F氏は裏で違法な取引を行っている」という確証のない情報を週刊誌が掲載した。
  • 「G社の製品には有害物質が含まれている」という事実無根の主張をオンライン掲示板に書き込んだ。
  • 「H選手はドーピングをしていた」という証拠のない疑惑を、スポーツ専門のウェブサイトで報じた。

これらの例は全て、事実確認がなされていない情報や虚偽の情報を公開することで、個人や組織の社会的評価を不当に低下させる可能性があり、名誉毀損に該当します。

侮辱になる誹謗中傷例文

侮辱になる誹謗中傷の例文は以下の5つです。

侮辱になる誹謗中傷例文
  • 会社の会議中に、上司が部下に向かって「お前は本当に使えない奴だな」と皆の前で言った。
  • クラスのグループチャットで、ある生徒について「あいつは本当にアホだよね」とメッセージを送った。
  • 有名人のSNSアカウントに「あなたはゴミ以下だ」とコメントを投稿した。
  • 匿名の掲示板で、地域の政治家について「あの人は完全な無能だ」と書き込んだ。
  • スポーツチームの試合後、ファンが選手に向かって「お前はチームの恥だ!」とスタジアムで叫んだ。

これらの例は全て、具体的な事実を示さずに相手の尊厳を傷つける発言であり、公然で行われているため、侮辱罪に該当する可能性があります。

こうした言葉は、たとえ軽い気持ちで発したものでも、相手に深い傷を与え、法的な問題にもなり得ることを認識することが重要です。

信用毀損になる誹謗中傷例文

信用毀損になる誹謗中傷の例文は以下の5つです。

信用毀損になる誹謗中傷例文
  • 「X社の新製品は安全性テストを偽装して通過させている」とSNSで根拠なく投稿した。
  • 「Y店のシェフは食中毒の原因となる衛生管理の不備を隠蔽している」と口コミサイトに虚偽の情報を書き込んだ。
  • 「Z銀行は顧客の個人情報を不正に販売している」という事実無根の噂をオンライン掲示板で広めた。
  • 「A病院の医師は無資格で手術を行っている」という虚偽の内容をブログで公開した。
  • 「B社は従業員の給与を不当に低く抑え、残業代も払っていない」という確証のない情報を転職サイトの口コミ欄に投稿した。

これらの例は全て、事実確認がなされていない情報や虚偽の情報を公開しています。企業や個人の信用を不当に傷つける可能性があり、信用毀損に該当します。

このような行為は、対象となる個人や組織に深刻な損害を与えるため、十分な注意が必要です。

プライバシー侵害になる誹謗中傷例文

プライバシー侵害になる誹謗中傷の例文は以下の5つです。

プライバシー侵害になる誹謗中傷例文
  • 「C社の社長は従業員のプライベートな写真を無断で社内で共有している」とSNSで根拠なく投稿した。
  • 「D氏は過去に詐欺で逮捕されていた」という確証のない情報を掲示板で公開した。
  • 「E店の従業員は全員風俗で副業をしている」という虚偽の噂をSNSで広めた。
  • 「F社の新入社員の半数は前科持ちだ」という事実無根の情報を企業の口コミサイトに書き込んだ。
  • 「G病院の看護師は患者の個人情報を外部に漏洩している」という根拠のない主張をブログで公開した。

これらの例は全て、個人や組織のプライバシーを侵害し、社会的評価を不当に低下させる恐れがあります。

このような発言は、たとえ事実であっても公開することでプライバシー侵害や信用毀損になる可能性があり、深刻な法的問題を引き起こすでしょう。

個人情報や私的な事柄を扱う際は、特に慎重な配慮が必要です。

脅迫になる誹謗中傷例文

脅迫になる誹謗中傷の例文は以下の5つです。

脅迫になる誹謗中傷例文
  • 「もし明日会社に来たら、お前の家族の安全は保証できないぞ」とSNSで特定の人物に向けて投稿した。
  • 「次にあなたを見かけたら、二度と歩けなくしてやる」という内容のメッセージを送った。
  • 「私の要求を聞かないなら、あなたの個人情報をネット上にばらまくぞ」と脅す内容のメールを送信した。
  • 「お前の店に火をつけてやる。覚悟しておけ」という内容の手紙を店舗に送りつけた。
  • 「お前の子供の学校がどこか知っているぞ。大人しくしていないと危険なことになるかもしれないな」とブログのコメントに書いた。

これらの例は全て、相手の生命、身体、自由、名誉、財産に危害を加えることを告知して脅す行為であり、脅迫罪に該当します。

このような行為は、相手に強い恐怖や精神的苦痛を与えるだけでなく、法的に重大な結果を招く可能性があります。他人を脅すような言動は避けるべきでしょう。

誹謗中傷はどこから訴えられる?

弁護士バッヂ

​​ネット上での暴言が誹謗中傷になるラインに明確な基準はありませんが、「根拠のない暴言で相手を傷つける」ことは誹謗中傷の一つの判断基準といえます。

まず、誹謗中傷罪という特定の犯罪は存在しません。しかし、その内容や方法によって個々で判断されます。

たとえば、何度も誹謗中傷の投稿が繰り返されたり、差別・侮辱・人格や容姿の否定などの表現が含まれていたりすると、不適切とされる可能性が高いです。これらが一定のラインを超えると、名誉毀損罪や侮辱罪、信用毀損罪などの刑罰の対象となります。

また、誹謗中傷が他人の名誉やプライバシーを侵害した場合、損害賠償を請求できる場合もあります。

誹謗中傷のラインを理解するには、法律だけでなく、警察や検察の判断傾向、過去の判例も参考になります。誹謗中傷でお困りの場合は、インターネットトラブルに詳しい専門家や弁護士に相談するのが良いでしょう。

一方、日本では「表現の自由」が保障されています。これは、思想や意見、情報などを自由に発表できる権利です。しかし、他人の権利を侵害する暴言は表現の自由に含まれません。

他人を傷つけるような発言は避け、ネットに自分の意見を書き込む際は、言葉の選び方に配慮が必要です。

今すぐWEBで無料相談

批判とは何か?どこからが誹謗中傷?

どこからが誹謗中傷

「批判」とは、確かな根拠をもって相手の言動に発言し、意見を正すことです。批判は必ずしも悪い意味ではなく、事実に基づいて冷静に行われるものとされています。

一方、誹謗中傷とは根拠のない悪口や嘘、噂で相手を傷つける行為です。

批判と誹謗中傷は似ていますが、目的や内容に大きな違いがあります。

どこからが誹謗中傷として罪に問われるかについては、「根拠が説明できない悪口や文句、嘘や噂などの誹謗中傷で相手を傷つけたかどうか」が目安になります。たとえば、以下のようなケースが該当し、罪に問われる可能性があります。

罪に問われるケース
  • SNS上に「Aさんには前科がある」という嘘の投稿をする
  • ネット掲示板に「Bさんは不倫をしている最低な人だ」という悪口を投稿する
  • 口コミサイトに「C店にはネズミがいるので行かない方がいい」というデマを投稿する

これらは、特定の人や店に対する根拠のない嘘や悪口であることが分かります。これに対して、特定の人や団体を指していない場合や、内容が虚偽でない発言は誹謗中傷には当たりません。

どこまでが批判で、どこからが誹謗中傷として罪に問われるか、明確な線引きはありませんが、客観的に見て人格を攻撃するような書き込みは「批判」ではなく「誹謗中傷」と言えます。

アクシアカンパニー逆SEO実績

逆SEO対策の対象となるネガティブ記事やコンテンツ、絶対に何とかしたいですよね。

ご安心ください。
私たちアクシアカンパニーは、創業以来、多くの逆SEO対策に取り組んできたプロです。数多くの経験とノウハウをもとに、あなたのネカティブ記事を下落させるために、全力でサポートを実施します!

また、アクシアカンパニーではあなたの現在の検索結果をもとに、無料で見積り作成を行っています。下記のフォームから、いつでも私たちへご相談ください。

今すぐWEBで無料相談

誹謗中傷と批判の違い

誹謗中傷と批判の違い

「批判」と「誹謗中傷」は、言葉や行為の意図と内容で区別されます。

まず、「批判」とは、物事の真偽や善悪を判断することです。例えば、人物や行為、学説、作品などの価値や妥当性を評価することを指します。批判は悪い点を指摘することが多いですが、良い点も含めて評価することが本来の意味です。

では、批判と誹謗中傷の違いは、まず、批判は、冷静に事実をもとに評価や判断を行うものです。たとえば、作品の欠点を具体的に指摘し、改善点を提案することです。

一方、誹謗中傷は根拠のない悪口や、相手を傷つけることを目的とした言葉です。相手の人格や容姿を否定するなど、悪意を持って相手を攻撃するものです。

批判であれば法的責任は追及されない?

書き込みの意図が「批判」であれば、法的責任は追及されないのでしょうか?

結論としては、必ずしもそうではありません。法的責任を追及できるかどうかは、誹謗中傷なのか批判なのかによって決まるわけではなく、書き込みの内容や状況から判断されます。

たとえば、批判であってもその内容が他人の権利を侵害していれば、法的措置の対象となります。名誉毀損罪や侮辱罪などの犯罪に該当する場合は、誹謗中傷だけでなく批判であっても問題になります。

したがって、他人を傷つけることなく、事実に基づいた冷静な評価を心がけることが重要です。

批判に当てはまる具体例

批判に当てはまる具体例

誹謗中傷と批判の違いを、具体的な例を交えて説明します。

批判「この映画は、面白くなかったしレビューも低かった」

誹謗中傷「この映画は、全然面白くない。作った監督のセンスがないし頭が悪い」

まず、批判は相手の行動や言動に対して意見を述べることです。たとえば、SNSで「この映画は、面白くなかったしレビューも低かった」と映画について書くことは批判に過ぎません。これは、その映画に対する評価です。

しかし、「この映画は、全然面白くない。作った監督のセンスがないし頭が悪い」と書くと、これは人格攻撃となり、侮辱罪や不法行為として慰謝料を支払う義務が発生する可能性があります。「面白くない」というのは発言や行動に対する評価ですが、「センスがないし頭が悪い」というのはその映画監督の人格に対する攻撃です。

同様に、容姿、国籍、性別、出身地に対する攻撃も誹謗中傷にあたる可能性が高いです。

このように、批判は相手の行動や言動に向けられますが、人格攻撃や社会的評価を下げる行為は誹謗中傷となり、法的な問題を引き起こす可能性があります。

誹謗中傷する人の特徴と心理

誹謗中傷する人の特徴と心理

誹謗中傷する人の特徴と心理を以下の6つの項目から解説します。

  • 嫉妬心
  • 間違っていないという過信
  • 自尊心が強い
  • ストレスを発散できていない
  • 周りの意見に流されやすい性格
  • 正義感が強い

嫉妬心

誹謗中傷する人の特徴と心理の一つに「嫉妬心」があります。

SNSでは、自分と他人を比較する機会が多いため、嫉妬心を抱くことが多く、それが誹謗中傷につながることがあります。嫉妬心に支配されて他人を傷つける行動に出る人もいるので、SNSの利用には注意が必要です。

現代では、InstagramやXなどのSNSが普及し、他人の生活を簡単に見ることが可能です。特にInstagramでは「インスタ映え」という言葉が流行り、高級ブランドや車などを自慢する投稿が増えています。

これを見て「素敵だな」と思う人もいれば、羨望や嫉妬心を感じる人もいるでしょう。「自分もあんな生活がしたい」と思う気持ちが強くなると、その感情がエスカレートし、誹謗中傷や嫌がらせに発展することがあります。

間違っていないという過信

誹謗中傷する人の中には、自分は間違っていないと過信している人がいます。

人間誰しも自分が劣っているとは思いたくないものです。そのため、相手の欠点やコンプレックスを取り上げて誹謗中傷し、「自分は正しい!」と自分を守ろうとしてしまうのです。

例えば、「あの人があんなに優れているわけがない」と思い込みたい人が、相手を誹謗中傷することがあります。この心理は、イソップ童話に出てくるきつねの話に似ています。

きつねは木の上のぶどうを取ろうと頑張りますが、どうしても取れません。すると、「あのぶどうは美味しくないはずだ!だから食べなくても良いんだ」と自分を正当化します。誹謗中傷する人も、自分は間違っていないという気持ちが強すぎるあまり、同じような考え方をしているのかもしれません。

自尊心が強い

誹謗中傷する人は、他人より自分が優れていることを示したい欲望が強く、相手の失敗や欠点を指摘して自分の優位性を誇示しようとします。誹謗中傷をすることで、自尊心を満たそうとするのです。

例えば、企業や個人が発信する内容が自分の考えと違うと感じたとき、その内容に反論したくなる人がいます。議論が激しくなると「常識がない!」「なぜ理解ができないんだ!」などと、誹謗中傷に発展してしまうことがあります。このように、自分が優れていることを示したいがために、誹謗中傷する人がいるのです。

また、気持ちが強くなるほど、間違った相手に怒りをぶつけてしまったり、手段を選ばなくなったりするので注意が必要です。

自分の意見が正しいと思い込んでいる人は、その考えを強く主張しようとし、他人を攻撃することがあります。誹謗中傷の背景には、こうした自尊心の強さがあることを理解しておきましょう。

ストレスを発散できていない

SNSで誹謗中傷・嫌がらせをする人は、ストレスを発散したいという心理状態の可能性が高いです。

最近では、思ったことを直接口に出さず、SNSで発信する人が増えています。そのため、ストレスのはけ口が他人への誹謗中傷になってしまうことが多いのです。現代人は常にストレスにさらされており、ストレス解消のためにSNSを利用する人が増えています。

匿名のアカウントを使えば、自分の個人情報が漏れにくく、悪口が書き込みやすい環境になっています。こうした匿名性の高いSNSは、ストレスを発散しやすい場所となりがちです。

誹謗中傷の背景には、このようにストレスをうまく発散できず、他人を攻撃する心理があることを理解しておきましょう。

周りの意見に流されやすい性格

SNSでの誹謗中傷は、なぜ爆発的に拡散してしまうのでしょうか?

誹謗中傷をする多くの人が、一般的な普通の人物である原因には、「集団心理」という現象が関係しています。集団心理とは、集団になると人は思考停止状態になり、無意識に周りと同じような考えや行動をしてしまうことです。特に周りの意見に流されやすい人は、集団心理に陥りやすい傾向があります。

SNSは匿名で利用できるため、そのメリットが逆に誹謗中傷を引き起こす原因にもなります。集団になると人は思考停止状態になり、無意識に周りと同じような考えや行動をとります。特に周りの意見に流されやすい人は、集団心理に陥りやすい傾向があるのです。

普段は社会で生活する一般的な人でも、まわりの雰囲気に飲まれ、攻撃的な発言をしてしまうのが集団心理の怖いところです。ネット上で炎上が起きているとき、深く考えずに誹謗中傷の書き込みに加担してしまう人もいます。これは、集団心理が働いた結果だと考えられます。

みんながやっているからという理由で、SNS上に悪口を書き込んでいる人も存在します。集団攻撃にあったことで、企業が社会的信頼を失い、倒産に追い込まれたりするケースもあり、非常に悪質です。

誹謗中傷には、このように集団心理が大きく影響していることを理解しておきましょう。

正義感が強い

誹謗中傷する人の中には、正義感が強すぎるあまり、行き過ぎた言動をとってしまう人がいます。

自分の価値観に基づいて相手を非難するため、ひどい誹謗中傷を自分の中で正当化してしまいます。独善的な正義感であるため、真摯に対応しても、全く話し合いができないケースも多く存在します。彼らの思考パターンは、建設的な議論からは程遠いものが多いです。

正義感があることは良いことですが、それが独善的だと周りに迷惑をかけます。誹謗中傷する人は、独自の正義を振りかざしていることが多く、自分の正論が周りから疎まれているとは思っていません。自分の正義が悪を退治していると感じるため、快感を覚え、誹謗中傷がエスカレートしていくのです。

例えば、コロナ禍では「自粛警察」と呼ばれる現象が起きました。マスクをつけていない人を誹謗中傷したり、他県からのナンバーの車を威嚇したり攻撃する行為です。

これは「協力しない人々は悪だ」という歪んだ正義感によるもので、SNSでも多くの誹謗中傷を見た方も多いのではないでしょうか。他とは違う行動をする人間を叩くことで正義感を主張したいという心理が考えられます。

こうした行動を取る人は、本人は正しいと思っているため、自分の意志で誹謗中傷をやめさせるのは難しいこともあります。誹謗中傷には、こうした歪んだ正義感や自分の正当性を主張したい心理があることを理解しておきましょう。

誹謗中傷による企業のデメリット

誹謗中傷による企業のデメリット

誹謗中傷による企業のデメリットを4つ紹介します。

インターネットの普及により、企業にとって誹謗中傷が深刻な問題となっています。特にSNSや口コミサイトでの拡散力が高いため、一度広まると取り返しのつかない状況に陥ることがあるでしょう。

誹謗中傷への早めの対応と適切な対策が非常に重要となってきます。

誹謗中傷による企業のデメリット
  • 売上げに影響
  • 社員の士気や精神的不安
  • 採用活動への影響
  • 顧客の信頼低下

売上げに影響

誹謗中傷によって商品やサービスの悪評が広がると、購入や利用を控えるユーザーが増えます。その結果、競合他社に顧客が流れ、収益減少につながる可能性が高くなります。最悪の場合、倒産してしまうこともあるため、早めの誹謗中傷対策が必須です。

インターネットが発達した今、ほとんどのユーザーが「口コミ」や「レビュー」を参考にします。良い口コミが多ければその商品を購入するユーザーは増えますが、悪い口コミが多ければ購入するユーザーは減少してしまうでしょう。

例えば、飲食店を選ぶ際にも口コミを参考にする人は多く、悪い口コミばかり書かれると、来客数が減り、売上に大きな影響を与えます。

悪評がネットに書かれることは企業にとって深刻な問題です。

例えば、ウイグル自治区の強制労働問題で話題になったユニクロや、人種差別発言が問題となったDHCなどが思い出されるでしょう。不祥事はSNSで広まり、ハッシュタグを使って拡散されました。ユニクロへの悪評は米国税関当局から輸入差し止めを受けるなど、売上や顧客の減少に直結するまでとなったのです。

社員の士気や精神的不安

企業が誹謗中傷を受けると、従業員が精神的なダメージを負ってしまう可能性があります。

勤め先に関する悪質な噂が広まると、従業員が家族や知人から悪いイメージを持たれる可能性があります。場合によっては、従業員だけでなく、その家族も誹謗中傷の標的になってしまうこともあるのです。

悪質な噂が広がると、会社に対しての不信感が高まり、多くの従業員の離職が起きるかもしれません。従業員が精神的に健全であることは、会社にとって非常に重要です。

誹謗中傷が原因で社員が心の健康を害すると、企業全体の士気も低下します。これにより、チームワークが乱れ、業務の遂行に支障をきたすことが増えてしまいます。長期的には、優秀な人材の流出や新たな人材の確保が困難になるなど、深刻な問題が発生するでしょう。

企業は従業員の精神的な健康を守るために、積極的な対策を取るべきです。誹謗中傷を未然に防ぐことで、社員の士気を高め、企業全体の成長を促進することができるでしょう。

採用活動への影響

誹謗中傷が広まり企業イメージが悪化すると、採用活動が困難になります。

「ブラック企業」「パワハラ」などの書き込みが散見されると、求職者は企業に対してマイナスのイメージを抱いてしまいます。その結果、応募者数が減少し、良い人材を採用することが難しくなるでしょう。

転職情報サイトや匿名掲示板の定着で、就職希望者は企業の内部事情を簡単に知ることができるようになりました。しかし、それらは便利なサービスであると同時に、根拠のない悪評や誹謗中傷が書き込まれる場ともなります。

例えば、「ブラック企業」といった書き込みは、就職希望者の入社意欲を低下させます。最終的には求人への応募者数が減少し、慢性的な人員不足へと陥る可能性があるのです。

企業は誹謗中傷への対策をしっかりと行い、イメージを守ることが大切です。

顧客の信頼低下

企業の商品やサービスに対する誹謗中傷がネット上で広がると、顧客は価値や信用性に疑問を抱きます。その結果、購入や利用を控えるなどの行動にでる可能性が高くなります。たとえ事実無根の情報であっても、放置していると瞬く間に広がってしまいます。

このような状況は、顧客減少による売り上げ低下につながるリスクを高めます。企業のイメージや信頼を傷つけるだけでなく、ビジネス全体にも大きな影響を与える可能性があるのです。

誹謗中傷への適切な対策は非常に重要です。放置すると、企業の信頼性やブランド価値が低下し、顧客離れや負の口コミが広がることがあります。

さらに、法的な問題に発展する可能性もあるため、早めの対応が求められるのです。

誹謗中傷被害にあった時の対策

誹謗中傷被害にあい弁護士に相談する男性

誹謗中傷被害にあった時の対策を3つ紹介します。

誹謗中傷被害にあった時の対策
  1. 証拠を保存して削除申請
  2. 警察に相談
  3. 弁護士に相談

証拠を保存して削除申請

ネット上に誹謗中傷を見つけたら、証拠を必ず保存しましょう。

まず、加害者の特定や責任追及には証拠が不可欠です。発信者情報開示請求や法的手続きを進める際に、違法性を立証するための証拠が必要となります。匿名アカウントでも、書き込みログを辿ることで加害者を特定できるケースがあります。

プロバイダーのログ保存期間には限りがあり、一般的に約3カ月でアクセスログが削除される恐れがあります。加害者がアカウントや投稿を削除してしまうかもしれません。裁判で証拠を示せなければ、責任追及は困難になります。

誹謗中傷を発見したら、できるだけ早く証拠を保存することが重要です。これにより、後の法的手続きや加害者への対応が円滑に進められるでしょう。

警察に相談

誹謗中傷被害が悪質な場合、警察に相談をするのも有効です。しかし、警察への相談には注意点があります。

本格的な捜査を希望する場合は被害届の提出が必要です。ただし、全ての被害届が受理されるわけではありません。被害が曖昧だったり、事件性が認められない場合は、捜査に進展しない可能性があります。

また、警察への相談は時間がかかる場合があります。誹謗中傷への対応は迅速さが求められるため、警察への相談と並行して他の対策も検討する必要があるでしょう。さらに、警察が介入することで、かえって事態が大きくなる可能性もあります。

状況によっては、まず誹謗中傷の専門家に相談するなど、他の選択肢も考慮することが重要です。

警察への相談は有効な手段の一つですが、状況に応じて最適な対応を選びましょう。

弁護士に相談

ネットで誹謗中傷を受けた場合、弁護士に相談するのは有効な手段です。

誹謗中傷を受けた場合、弁護士に相談することで投稿者の特定や損害賠償の請求が可能になります。

的根拠に基づいて削除請求を行うので、悪質な書き込みを削除できる可能性も高まるでしょう。また、罪に該当する誹謗中傷を適切に対処できる点もメリットです。

ただし、弁護士へ相談や削除依頼を行うと法的な効果は期待できますが、その分高額な費用がかかる場合があります。一般的に、弁護士費用は相談料、着手金、成功報酬などが含まれ、多くの場合数万円から十数万円程度が必要です

誹謗中傷に対する対応策として弁護士に相談することは有効ですが、高額な費用が発生する点を理解しておく必要があります。

誹謗中傷の根本的な解決を目指すなら専門対策業者がおすすめ

専門対策業者

誹謗中傷の根本的な解決を目指すなら専門対策業者の利用がおすすめです。

では、専門対策業者に依頼するメリットは何なのかを詳しく解説していきます。

  • 迅速な対応ができる
  • 誹謗中傷の原因を発見
  • 専門的な誹謗中傷対策ができる

迅速な対応ができる

専門対策業者は、被害をすぐに把握し、迅速な対応が可能です。誹謗中傷に関する幅広い知識があるため、問題解決を急ぎたい場合に役立ちます。

誹謗中傷は対応の着手が早ければ早いほど、被害の拡大を抑えられます。ケースによっては、弁護士や警察よりも早く、解決できる業者もいます。

訴訟を起こすには発信者を特定する必要がありますが、これはサイト管理者に開示請求を出すなど、複雑な作業を含み時間を要します。

専門対策業者の場合、法的措置や誹謗中傷を削除するのではなく、逆SEO対策によって誹謗中傷サイトが目につきにくいよう対策するため、迅速に作業を進めることが可能です。

また、誹謗中傷に詳しい弁護士と提携している業者もおり、被害状況によって弁護士と並行して対策を進められる点もメリットです。

このように専門対策業者を利用することで、迅速かつ効果的に誹謗中傷の問題に対応できます。被害を早期に食い止め、ストレスを軽減するためにも、専門家の助けを借りることは賢明な選択と言えるでしょう。

逆SEO対策については、以下の記事で詳しく解説しています。

誹謗中傷の原因を発見

専門対策業者は、なぜ誹謗中傷被害に遭ったのかという原因も解明できる可能性があります。

弁護士に依頼して書き込みなどを削除しても、完全な対応とは言えません。原因を解決しなければ、被害が繰り返される恐れがあります。弁護士は誹謗中傷が発生するきっかけの調査には対応していません。

問題が発生するたびに対処していては、企業や個人の負担も大きくなります。原因が明らかになれば、問題が再発する可能性を根本から改善できるかもしれません。

さらに、専門対策業者は多くの事例に基づく豊富な経験を持っています。専門的な知識と経験を活かして、誹謗中傷の根本的な原因を見つけ出し、再発防止策を提供します。

結果として、問題の長期的な解決が期待できるでしょう。

専門的な誹謗中傷対策ができる

専門対策業者は豊富な経験と専門的な知識を持っているため、個々のケースに合わせた効果的な対策が可能です。

訴訟する場合は弁護士への依頼が必要ですが、法的措置を取らずに誹謗中傷を解決したい方は、誹謗中傷対策を専門とする民間企業が有効です。

誹謗中傷が書かれているサイトの検索順位を落とす逆SEO対策をとれば、加害者に動きを知られることもありません。

人権や被害に関する相談は弁護士や公的機関へ、ネット上での対策は専門サービスへ依頼するといった形でケースによって対応することで、スムーズな解決につながるでしょう。

今すぐWEBで無料相談

まとめ

記事の最後に、記事の内容をまとめたので、振り返ってみましょう。

法律には誹謗中傷罪というものは存在しませんが、行為次第では犯罪が適用されます。

アクシアWEBマーケティングラボ

誹謗中傷が原因で適応される犯罪は以下のとおりです。

誹謗中傷が原因で適応される犯罪
  • 名誉毀損罪
  • 侮辱罪
  • 脅迫罪
  • 偽計業務妨害罪
  • 威力業務妨害罪
アクシアWEBマーケティングラボ

誹謗中傷と批判の違いは、言葉や行為の意図と内容で区別されます。

誹謗中傷と批判の違い

批判は、冷静に事実をもとに、欠点を具体的に指摘し、評価や判断を行うもの。

一方、誹謗中傷は根拠のない悪口や、相手を傷つけることを目的とした言葉。人格や容姿を否定するなど悪意を持って相手を攻撃するもの。

アクシアWEBマーケティングラボ

誹謗中傷をする人には共通の特徴と心理があり、これを知っておくことで攻撃者の傾向が理解できます。

誹謗中傷する人の特徴と心理
  • 嫉妬心
  • 間違っていないという過信
  • 自尊心が強い
  • ストレスを発散できていない
  • 周りの意見に流されやすい性格
  • 正義感が強い
アクシアWEBマーケティングラボ

誹謗中傷によって企業のイメージダウンが起こると、以下のようなデメリットがあります。

誹謗中傷による企業のデメリット
  • 売上げに影響
  • 社員の士気や精神的不安
  • 採用活動への影響
  • 顧客の信頼低下
アクシアWEBマーケティングラボ

誹謗中傷被害にあった場合、誹謗中傷のケースによって最適な場所に相談しましょう。

誹謗中傷被害にあった時の対策
  • 証拠を保存して削除申請
  • 警察に相談
  • 弁護士に相談
アクシアWEBマーケティングラボ

弁護士や警察に相談する前に、誹謗中傷の専門対策業者への依頼もおすすめです。
経験やスキルから、誹謗中傷の問題を根本的に解決します。

誹謗中傷の専門対策業者がおすすめな理由
  • 迅速な対応ができる
  • 誹謗中傷の原因を発見
  • 専門的な誹謗中傷対策ができる

誹謗中傷被害ならアクシアカンパニーへ相談!

アクシアカンパニーのHP画像

ネットでの誹謗中傷や風評被害は、スピーディーで確実な対策が必要です。

弁護士や警察への相談をする前に、ネット上の風評被害対策を専門に行うアクシアカンパニーへぜひご相談ください。問題を適切に理解し、風評被害を根本的な原因から洗い出し、解決に導きます。

アクシアカンパニーは、風評被害対策業界で10年以上のキャリアがあり、担当した案件数は300社以上と実績も豊富です。

悪質な風評被害はもちろん、他社では成果が出ない場合でも対策可能です。各所から相談を受けており、ケースバイケースでの対応力も高く評価されています。

誹謗中傷にお困りの場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

ABOUT US
アバター画像
アクシアWEBマーケティングラボ日々WEBマーケティングの探求を行なっています。
株式会社アクシアカンパニーのスタッフです。お客様の事例、ニュース、コラムなど最新のトピックを配信しています。
contact ×
お問い合わせフォームへ

お問い合わせフォームへ