「削除しきれない過去の逮捕歴・ニュース記事」に悩む30代男性

逆SEO対策事例

逆SEO対策事例「過去の逮捕歴・ニュース記事の削除不可ページ」30代個人の相談

逆SEO対策事例001

削除しきれない逮捕歴、ニュース記事に悩んでいる30代男性の相談。弁護士事務所から逆SEO対策を紹介されアクシアカンパニーに問合せ。 削除だけでは対応できない検索結果を逆SEO対策を実施して6ヵ月程度で一段落することが実現。

逆SEO対策サービスのお客様

ご依頼主様

年齢:30代後半
性別:男性
住まい:東京23区
逮捕歴:過去に痴漢行為で逮捕
裁判結果:実刑処分後、出所して更生
相談内容:出所後、反省して更生。新たな人生をスタートしようにも逮捕歴が転載されたニュース記事が50~100サイト検索結果にある状況。転職活動に大きな支障があるため相談。

ご契約プラン

  • 個人名の逆SEO対策
    初回6ヵ月間のご契約を締結。
    6ヵ月経過後の状況によって継続プランに変更するか、さらに施策を強化するご延長更新にするか協議という契約。

逆SEO対策サービスはこちら

ご相談内容

過去の逮捕歴を削除したいと思い、複数の弁護士に相談してきたが、全ての逮捕歴やニュース記事などの削除は難しいと断れてしまった。いくつかのニュース記事などは削除することもできたが、全ての記事を削除することはできず、個人名を検索すると逮捕歴の内容やニュース記事などが上がったままで困っていた。

そこで、逆SEO対策を弁護士からご紹介され調べたところ、弊社へお問合せいただく経緯となった。

逆SEO対策が可能かどうか無料調査を実施

お電話でのお問合せいただいた後に無料で検索結果の調査を実施。

その結果、個人名を検索すると50サイト以上の逮捕に関する記事を発見。検索結果1ページ目から4ページ目まで、ほとんどがネガティブな記事であることを確認。

逆SEO担当:木戸

ご本人に確認したところ、現在は既に出所して、被害者側への謝罪も終えており、今後人生新たにスタートしたいという気持ちを確認しましたので、依頼をお受けしようと思いました。

逮捕歴、逮捕記事の削除は事実だと全部削除は厳しい

逮捕歴や逮捕に関する過去の記事をネット上から全て削除することは正直難しいと弊社は考えております。もちろん費用や時間をかけてでも全て削除したいと思えば可能な場合もあります。

しかし、ネット上にはニュース記事を転載している「まとめサイト」などの存在も数多くあり、一般の方の逮捕記事でも50~100サイト以上の削除請求を行わないとならない場合もあります。

削除業務は基本的に弁護士での対応となりますが、1サイトごとに削除費用が発生してしまうケースもあることから、個人で対応できるレベルを超えてしまうこともあると言えます。

削除業務は原則的にご本人または、弁護士での対応になります。

逮捕歴などのニュース記事の削除費用の相場は?

今回の事例のお客様の場合、事実である逮捕歴の記事削除に関しては1サイトあたり10万円前後の削除費用が必要だと弁護士から言われたそうです。

削除したいサイトが50~100サイトもあるため、多少のボリュームディスカウントはしてもらえたそうですが、それでも総額300万円以上の費用が必要だと言われたそうです。

もちろん削除したいサイトの種類や判決に内容によって異なるようです。

逆SEO対策を実施

逆SEO対策は案件によって
施策内容は完全に異なるオリジナル

逆SEO担当:木戸

なるべく自然な検索結果になるように逆SEO対策をご提案する必要があります。Googleの検索エンジンの特性を理解して、個人名上位化に必要な検索ニーズにマッチした施策をご提供、ご提案する必要があります。

逆SEO対策に必要な情報を集めることからスタート

  1. まずはご本人の情報をどこまでネット上に出すか決定する
    まずは、どこまで個人の情報をネット上に公開するか決定していきます。個人名の検索結果は個人のプロフィールや経歴などを出せば出すほど成功率が高まるためです。

    もちろん、全く出したくない場合もご相談ください。
  2. 弊社でブログの設立、運用代行も行います
    個人名検索で一番上位化しやすいのが、個人ブログの設立やSNSの立ち上げからです。色々な個人の方を検索してみると、ブログやSNSは上位化しているケースが非常に多いです。個人名で登録することによって、検索エンジンからも評価され上位化する可能性が一番高いと言えます。ブログの設立では無料ブログで問題ありません。

    弊社でブログの設立や運用代行も行えます。お客様ご自身で対応する場合、費用面でも節約できるのでお客様とご相談の上決定していきます。
  3. 弊社で個人のプロフィールや経歴を掲載するページの大量作成
    なるべく個人名でヒットしやすい個人のプロフィールや経歴を掲載するサイトへ登録を行います。また弊社オリジナルで所有するブログページやページ大量作成システムなども活用することができますので、多くのページができる限り自然な形で上位化します。
  4. 毎月作成したページとネガティブな逮捕歴記事などの順位を計測
    弊社側で検索結果測定ツールを使用して、作成したページの上位化状況やネガティブな逮捕歴記事の順位を測定します。順位の状況によって施策の内容を追加したり変更したり編集作業を毎月行っていきます。

逆SEO対策契約後1ヶ月目~2ヶ月目で逮捕記事の下落が始まる

逆SEO対策をご契約後、逮捕記事の下落が1ヵ月目~2ヶ月目で始まりました。1ページ目~2ページ目まで全て逮捕に関する記事だった検索結果も数サイトが2~3ページ目以降に押し下がり始めます。

もちろん案件によってはさらに時間の必要な案件もあります。

逆SEO対策が成功している監視ツールキャプチャ
2ヶ月前後で逆SEO対策によって逮捕歴記事の順位が下落していく計測ツール結果
逆SEO担当:木戸

上記のように逆SEO対策で下落が始まりネガティブな逮捕歴記事が下がっていく成功事例です。時間は多少必要ですが、何も対策を行わないと上記のようにネガティブな逮捕歴記事は下がっていくことはありません。

初回6ヵ月間のご契約で1ページ目の検索結果はクリアな状態に

その後、逆SEO対策を継続的に施策を行った結果、初回6ヵ月のご契約期間で1ページ目に逮捕歴記事やニュース記事は全て下落成功しました。

ただし、逆SEO対策は記事自体を削除しているわけではありません。再度上位表示してきてしまうリスクはあります。そのため継続更新を締結するかどうかの協議はお客様と行う必要があります。

また、逆SEO対策と並行して弁護士による記事の削除交渉も可能な限り行うことを推奨します。

逆SEO担当:木戸

今回の事例のお客様は逆SEO対策と弁護士による記事削除を並行して行いました。また6ヵ月経過後も強化施策としてさらに3ヵ月間のご延長を頂戴して、さらに順位の押し下げ施策を行いました。

過去の逮捕歴ニュース記事の削除と逆SEOは並行して対策が理想

結論ですが、逮捕歴に関するニュース記事の削除は逆SEO対策と削除交渉を並行して行うことが理想と弊社は考えております。その理由は先にも説明しましたが、削除も全てのページを対応することは予算、期間的にもかなり厳しいのが現実であることです。

また、逆SEO対策も記事自体の削除を行っているわけではないため、一時的に下がっても対策を継続しないと再上位化してきてしまう可能性があるということです。

注意事項

削除に関しても全ての弁護士が対応できるわけではなく、ネット上の削除業務に強い弁護士に相談することを推奨します。弊社ではネット上の対策に強い弁護士を無料でご紹介できますのでご相談ください。

ネット上の記事削除に強い弁護士の無料紹介も逆SEO対策も対応可能です。

弊社の強みは逆SEO対策です。

ただ削除したいという要望にもできる限り対応したいと考えておりますので、削除業務に強い弁護士を無料でご紹介することができます。

SEO対策サービス

費用的に削除はしないで逆SEO対策だけでもOK

お客様の中でも予算的に費用が出せないという方には削除はできなくても逆SEO対策だけでも行いたいという方もいます。そんな方でも弊社は対策を承ります。

逆SEO対策の費用は状況や逮捕歴記事数によって変わりますが、基本的に全部の記事を削除するよりは総額は安くなるケースが多いです。逮捕に関わる記事は転載されやすく拡散されている可能性がありますので、逆SEO対策の方が安くなるということは大いにございます。

逮捕歴、逮捕関係のニュース記事の逆SEO対策成功後のお客様の声

お客様からのコメント

過去の逮捕記事に悩んでいた:K様

約9ヶ月間に渡ってお世話になりました。

最初のころは逆SEO対策のこともよくわからず、不安なまま弁護士事務所よりご紹介いただきアクシアカンパニー様にご連絡をしました。契約前の段階から今後更生して反省しながら生きていく人生を選んだ私にお電話で理解してくださり、心に安心と信頼の気持ちを持って依頼させていただきました。

正直、本当に逆SEO対策は成果が出るのか不安ではありましたし、契約時にも100%下がる保証は無いと言われていたので半信半疑だったことを覚えています。

実際に施策が開始されてからは目にみえる効果が表れた1ヶ月目後半ぐらいからは本当にお願いして良かったと思っています。

これからは、まだ下落した逮捕記事の削除なども弁護士に依頼しながら新たな仕事も頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

今回の逮捕記事、ニュース記事の逆SEO対策に関して

逆SEO担当:木戸

削除できない過去の逮捕記事に関する逆SEO対策の事例のご紹介でした。

同じように過去の逮捕記事に悩んでいる方の対策を現在も数名受けている状況ですが、弊社は個人名逆SEO対策を非常に強みとしております。

同じように悩んでいる方がいれば、ぜひご相談ください。

本逆SEO対策サービス事例は、ご契約者様のプライバシー及び、マーケティング戦略情報漏洩防止のため組織・個人・サイト等を特定できる要素を可能な限り排除して掲載しています。 また弊社は反社会的勢力の方とのお取引は全てお断りしております。

ご利用いただいたサービス

逆SEO対策

誹謗中傷の対策に有効

逆SEO対策はアクシアカンパニーのメインサービスです。ネガティブなサイトや削除できないサイトを検索者に有益な情報を作成して他のコンテンツを増やす施策です。

逆SEO対策